Top Page > アメリカンバルーン

10/22 DDT後楽園大会観戦記2『 Day dream believer 2006 』

 2006-10-24
10/22 DDT後楽園大会観戦記『 Day dream believer 2006 』
試合開始 12:00
観衆 1386人(超満員)

新藤アナのブーイング講習が終るや否や、スクリーンに前回興行までの流れが映し出される。
そして館内には「Into The Light」が鳴り響く。
それが終ると場内が暗転し蝶野のテーマが。
後楽園初登場のチーム2サウザンアイランドが入場してくる。
「俺たちが反体制のユニット、群れない、媚びない、産経新聞」と三四郎がのたまう。
散々悪事を働いてきたがネタが尽きたという。
今日働く最新の悪事は素人の客を殴ること、観客に暴力を働くことだとアピールする。
これを聞いてピクッと体が動いてしまった。
金曜日に行われた某団体の某選手が起こした観客殴打事件を踏まえたものなのか?
それだったら早すぎる。
客席の反応も微妙だった。
このことを知ってた観客は、この日集まったメイツの数より少なかったであろう。
とにかくこの団体のMDにおののいた。
素人をリングに上げ弄り倒すチョーノ。
挙句の果てには不意打ちをかましSTFで失神に追い込む。
この客は最後まで客席に現れることはなかったが・・・


オープニングマッチ 15分一本勝負
○アントーニオ本多 vs 松永智充●
(6分36秒 逆さ抑え込み)
松永のパワーに圧され気味のアントーニオ。
松永の力が増してきたのであろうか?
最後は急所攻撃からのロープ足掛け逆さ押さえ込みで勝利を収めたが。


第2試合 20分一本勝負
ポイズン澤田JULIE、タノムサク鳥蛇、ゴー蛇ス松野 vs "ジェット"省吾、猪熊裕介、中澤マイケル
○ジェット(14分00秒 ジェットパンチ1.25→片エビ固め)松野●
蛇人間に改造され張り切る松野。
復帰戦となったが良いトコないジェット。
猪熊とタノムサクが試合を作っていく。
変態コールを背にマイケルが奮闘するも決めるには至らない。
ポイズンの毒霧アシストを受けた松野がフライングクロスチョップ(ハートアタック)を連打するも微動だにしないジェットがジェットパンチで試合を決める。
ちょっと説得力に欠ける試合。


第3試合 30分一本勝負
アメリカンバルーン、柿本大地 vs 男色ディーノ、マッスル坂井
○バルーン(11分27秒 バルーンサルト→体固め)坂井●
アメリカンバルーンの入場に館内が沸くとは思っていたがそうでもなかった。
会場におけるメイツの割合はそれほどでもなかったのだろう。
アメバルのおっぱい顔面ウォッシュに坂井は戦意喪失。
その後も自ら動くことが出来ない。(笑)
アメバルはエクスプロイダー、フィッシャーマン、かんぬきスープレックス、大車輪キック等を綺麗に決めて行く。
単なる色物ではない。
タイミングや説得力十分の迫力ある技を展開した。
徐々に館内の温度が上がっていくのが感じられた。
アメバルはディーノのキスに苦しめられるも、シャイニングあてがいをおっぱいウォッシュで切り替えしていく。
ディーノのそれをおっぱいで受け止め、谷間に挟み小刻みに振動を与える。
ディーノはそれに対抗し自らのそれをさらに押し付けていく。
まぁ簡単に言うとパイズリである・・・
最後は坂井が掴まりアメバルが文句なしの綺麗なムーンサルトを決めて終了。
アメバルは流暢かつ拙いマイクの後にディーノと迎合。
二人で仲良く退場していった。

人気blogランキングにはちゃんとした観戦記が・・・
にほんブログ村 プロレスブログランキング、本日より復活!

ヤフーカテゴリも明日から復活みたいっす!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト



カテゴリ :DDT トラックバック(0) コメント(6)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ