Top Page > インディー・サミット

12/31インディー・サミット2006観戦記

 2007-01-02
インディー・サミット2006~カウントダウンプロレス~「JUST NOW」
2006年12月31日 後楽園ホール 観衆1200人(超満員札止め)

地下鉄後楽園駅から水道橋駅に向うと凄まじい女性の群れ。遠回りして水道橋駅へ。
まずはミクシィで知り合った方々と軽い飲み会。
俺ばっか飲んでいたような気もするけど(笑)
後楽園ホールに入るとここも人だらけ。
物販からは威勢の良い掛け声が飛んでいる。何かお祭りみたいだ。まぁお祭りなんですけど・・
遠回りして(南側中段通路を横切り西階段から売店へ)レモンサワーを買いに行く。
着席すると満員の客席。
東西パイプ椅子席は4列。いつもより横にも長い気がした。
北側ステージ席も3列。
バルコニーや南客席後方の立ち見エリアも沢山の人。
客席はすでに出来上がってる感じ。


第1試合 若手6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
○西山秀絋(IWA)&松山勘十郎(闘龍門MEXICO)&原田大輔(大阪)
(7分33秒 逆エビ固め)
忍(666)&魔蛇美(DDT)&●梶ヤマト(K-DOJO)
試合時間が短く6人の魅力が伝わらなかった。
西山と原田が見れたから良しとしよう・・


第2試合 エンターテイメント3WAYマッチ 時間無制限1本勝負
"ザ・ハンサム"JOE(K-DOJO)○&ヤス・ウラノ(K-DOJO)
男色ディーノ(DDT)&●中澤マイケル(DDT)
バラモン・シュウ&バラモン・ケイ組(Eldorado)
(17分25秒 雪崩式ブレインバスター→体固め)
JOEとヤスの入場で大歓声。ディーノとマイケルの入場では悲鳴と笑い。バラモンシュウ&ケイの入場で異様な雰囲気に。
各選手の持ち味、得意技が出た好試合。
シュウ&ケイに突っかかってた観客がIジャで有名なファンの方だったのかな?
ラスト近くではマイケル以外の選手たちが口からお告ゲル(スライムみたいだった)を吐き出す異様な展開。松井レフェリーも吐いてました。(笑)
最後はJOEがポンプキックからの雪崩式ブレインバスターでマイケルから勝ち。
ここで本当のリング調整のため急遽休憩。


第3試合 空中戦!時間無制限1回勝負
○ラッセ(みちのく)&エルブレイザー(ElDorado)&宮本裕向(666)
(16分54秒 ジャガラギ→エビ固め)
タイガースマスク(大阪)&PSYCHO(K-DOJO)&●南野武(みちのく)
空中戦の名目に合わない選手もいる気がするが空中戦。
それぞれが自分の得意技(飛び技)を駆使して客席を盛り上げる。
あまり人気のないエルブレイザー、俺は好きだけどなぁ。
しかし印象に残ったのはタイガースマスクの「お前ら野球すきやろ?」から始まる一連の動き。


第4試合 100万円争奪プレジデントランブル
○グレート小鹿(大日)
(18分12秒 オーバーザトップロープ)
●新崎人生(みちのく)
退場順
カラオケマシーン2号(ElDorado)、松田慶三(IWA社長代理)、TAKAみちのく(K-DOJO)、高木三四郎(DDT)、スペル・デルフィン(大阪)、マッスル坂井(マッスル)、新崎人生(みちのく)
まずは三四郎、TAKAと入場。
三四郎は先日のウォリアーを引きずって担ぎ上げムーブ。それに乗る客席。素敵すぎる。
カラオケマシーン2号は「夢芝居」を歌いながら入場。リングインしてまもなくオーバーザトップロープで失格。
最終局面で残ったのは坂井、人生、小鹿。
坂井と人生のスローモーションで坂井が落とされ、隙をついた小鹿が人生を落とし終了。
獲得賞金は皆で分け合うというオチ。
全選手の見せ場もあり楽しい試合でした。


第5試合 バトラーツルール 時間無制限1本勝負
○望月成晃(DragonGate)&飯伏幸太(DDT)
(11分24秒 真・最強ハイキック→TKO)
澤宗紀(バトラーツ)&●フジタ"Jr"ハヤト(みちのく)
試合前は望月とハヤトが組んだ方が良いんじゃないかなと思ってましたが、結果的にこれで良かった。
意地の張り合い、打撃の応酬の中にも武藤ムーヴを取り入れる澤はさすが。
ハヤトも3人に引っ張られ気迫を見せつける。
他の3人に比べると望月の攻撃には迫力、説得力がある。


第6試合 蛍光灯6人デスマッチ 時間無制限1本勝負
葛西純(アパッチ)&○"黒天使"沼澤邪鬼(大日)&シャドウWX(大日)
(19分39秒 飛鬼邪行with蛍光灯)
佐々木貴(アパッチ)&●気仙沼二郎(みちのく)&アブドーラ小林(大日)
大日レギュラー陣に沼二郎が入ってるのが見所。
やはり沼二郎が捕まる展開。が、これといって足を引っ張るわけでもなく試合に溶け込んでいた。
個人的には蛍光灯デスマッチ見るのが苦手。最初見たときは感動したけど、やっぱり見てて痛さが伝わって来すぎ。
試合後血まみれの沼二郎が歌を披露し場内大盛り上がり。


第7試合 海援隊☆DX復活!世代闘争 時間無制限1本勝負
○ディック東郷(フリー)&MEN'Sテイオー(大日)&TAKAみちのく(K-DOJO)&獅龍(メキシコ)&ショー・フナキ(WWE)
(17分18秒 ダイビングセントーン)
●大石真翔(K-DOJO)&KUDO(DDT)&岸勝也(IWA)&野橋真実(みちのく)&ミラニートコレクションa.t.(ElDorado)
海援隊☆DXは南観客席から入場。客席からは大歓声。
俺はあまり海援隊☆DXに思い入れは無いけれど5人がリングに立つと壮観だった。
カードが決まったとき若手組の面子がどうかと思ったが必死に喰らいついている。
海援隊☆DXはそれぞれが得意技、コンビネーション、ポーズを見せつけ客席は沸点に。
個人の能力も凄い人たちが絶妙なコンビネーションを見せるんだからそりゃぁ盛り上がる。


第8試合 JUST NOW 時間無制限1本勝負
●関本大介(大日)&HARASHIMA(DDT)&ビリーケンキッド(大阪)
(21分28秒 垂直落下式ブレーンバスター)
GAINA(大阪)&○真霜拳號(K-DOJO)&谷嵜なおき(自由)
カウントダウンに向けて残された時間が程よい時間に。
谷嵜は以前見たときと雰囲気が変わり良い感じ。
実力的均衡もとれていて流れるように試合は進む。
谷嵜が捕まることが多かったのは試合間隔が開いているためか?力の差か?
HARASHIMAと関本が真霜を追い込む。
耐えた真霜は真剣、垂直落下式ブレーンバスターで関本からピン。
カウントダウンを飛ばしてでももう少し見ていたかった。

試合後参加選手がリングに上がりカウントダウン。
この辺りの盛り上がりは最高潮!
選手と観客が一体となった感じ。
その後TAKAがインディー・サミットの封印を宣言。次からはプロレスサミットとすることをアピール。
次回は4月に行われるらしい。

カードが決定したときは正直どうかな?と思いましたがこれで正解だったんですね。
特に試合順が良かったと思う。セミ見た後メイン食われるなとも思いましたが、セミより熱い試合見せつけてくれました。
この大きさの箱でやるのが勿体無い位、素晴らしい興行でした。
この興行で1年のプロレス観戦が締め括れたのはプロレスファンとして幸せだったな。
そして2007年一発目の観戦に新木場へ・・・

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス

画像 531
画像 531 posted from フォト蔵
画像 532
画像 532 posted from フォト蔵

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト



カテゴリ :インディー・サミット トラックバック(0) コメント(0)

インディー・サミット プレジデント・ランブルに8社長の出場が決定!

 2006-12-19
12月31日はインディー・サミット観戦します。
珍しく前売りで抑えちゃってるんですよ。
その後の新木場グレート・プロレスリングも行く予定。
本日インディー・サミットでのプレジデント・ランブル参加者が正式決定。

プレジデント・ランブルに8社長の出場が決定!=I・サミット/スポーツナビ>

12月31日の「インディー・サミット2006 カウントダウン・プロレス」(後楽園ホール)で行われる「100万円争奪プレジデント・ランブル」の出場社長8人が紆余(うよ)曲折の末に決定した。
19日、IWA浅野起州社長のおひざ元である「新宿2丁目劇場の聖地」喫茶タントラで会見が行われ、当日は花園ラグビーの審判を務めるために欠席する浅野社長に代わってエースの松田慶三が社長ランブルにエントリー。「松田のものは浅野のもの、浅野のものは浅野のものよ」と賞金横取りを主張する浅野社長に誓約書まで書かされた松田は「賞金を会社に持ち帰ります」と明らかにテンションが下がり気味ながらも優勝宣言を行った。
すでに出場を志願していたDDTの高木三四郎、大日本プロレスのグレート小鹿(この日は代理で登坂栄児統括部長が出席)に加え、大会プロデューサーのTAKAみちのくも賞金100万円につられて参加決定。さらにタントラあてに「速達」で新崎人生(みちのくプロレス)、スペル・デルフィン(大阪プロレス)の写真も届き、参戦に名乗りを上げた。
次々と参加選手が決まる中、なんと、社長ランブル出場を直訴する男が、会見中に浅野社長が経営する定食屋「花膳(はなぜん)」に立てこもるという事件が発生。あわてて会見を中断して駆けつけると、マッスル坂井(DDTテック)が杏仁師範に生のキュウリを食べさせようとする“時節柄危険な”暴挙に出た上、そのBGM代わりにカラオケ・マシーン2号(エルドラド?)が梅沢富美男の名曲「夢芝居」を熱唱。この危機的状況を回避するため、坂井とマシーンの出場も認め、計8社長の参戦が正式決定した。
キュウリを片手に反町隆史の「ポイズン」を熱唱し、“言いたいことも言えないこんな世の中”に反旗を翻した坂井は「デザイアー(欲望)を持つ男達が集まるランブルで優勝し、1.3マッスルで散財したい」と闘志満々。100万円の現ナマを前に、社長たちが早くも目の色を変えて互いをけん制し合った。


喫茶タントラで会見が行われたなんて素晴らしすぎます!
人生社長の代わりにサスケが出場して例のお約束行動を見せて欲しかったですがw
俺グレート小鹿の戦う姿何年ぶりに見るんだろう?すんげぇ楽しみ!

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス

一部ではカウントダウン前にこの興行が終ってしまうのでは?と危惧されてますがww

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ