Top Page > ネットプロレス大賞

ネットプロレス大賞2009に投票します

 2009-12-31
ブラックアイ2さん主宰の「ネットプロレス大賞2009」に投票いたします。
今年は生活環境の変化もあってあまり生観戦できませんでした。てなこともあり各賞ひとつずつの投票にします。
来年もそんなに観戦できないだろうなぁ。

サイト名:だらだらプロレス観戦記
URL:http://machinegun3.blog80.fc2.com/
ハンドルネーム:マシンガン

(1)最優秀選手賞(MVP) …2009年、最も活躍したプロレスラー。
 飯伏幸太
 怪我が多いのが気になりますが将来性がある選手を投票しようかと。
 
(2)年間最高試合賞(ベストバウト) …2009年、最も素晴らしいと感じた試合。
 飯伏幸太vs.HARASHIMA(8.23DDT両国)
 フィニッシュ技の衝撃で。

(3)最優秀タッグチーム…2009年、最も活躍したタッグチームに与えられる。
 バラモンシュウ&バラモンケイ
 幅広い活動。どこの団体に出ても安定している。

(4)新人賞…2009年、最も活躍した“新人”に与えられる。
 谷口智一
 佇まい、雰囲気が抜群。
 
(5)最優秀興行…2009年、最も素晴らしかった興行。
 花やしきプロレス(6.16DDT浅草花やしき)
 遊園地で広げられる壮絶な戦い。来年の開催も期待。

(6)最優秀団体…2009年、最も素晴らしかった団体。
 DDT
 両国進出が成功。招待無しであの入りは素晴らしかった。

(7)最優秀マスメディア賞…本・雑誌などの出版物、地上波・CS・BSなど問わずテレビ番組、映画、ラジオ、ネット、ケータイ、CD、DVD、アート、ゲーム、グッズなどなど、プロレス関連のメディア・企画で2009年に最も優れていたものを選ぶ。
 『復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄』(講談社)
 プロレス本では珍しい実用的な書。これを読むとプロレスがしたくなる。


投票は以上です。
これが今年最後の更新となります。たぶん。
それでは皆様よいお年を!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

ネットプロレス大賞2009に投票します の続きを読む

スポンサーサイト



カテゴリ :イベント トラックバック(0) コメント(0)

ネットプロレス大賞の結果が発表されましたよ

 2009-01-21
ブラックアイ2さん主宰のネットプロレス大賞の結果が発表されました。
ネットプロレス大賞とはネットでプロレスを語る人たちが選ぶプロレス・アワード。
詳しくはネットプロレス大賞公式サイトへ。http://beye2.com/blogid_26.html

最優秀選手賞(MVP)・・・武藤敬司
投票してないけど、まぁ納得。自分が1位に推した飯伏は4位。怪我がなければ結果は違ったことでしょう。

年間最高試合賞(ベストマッチ)・・・飯伏幸太vsケニー・オメガ
混雑過ぎたため場外戦を生で見れなかったのが無念。個人的だんとつベストのキャンプ場プロレス・高木三四郎&飯伏幸太vsM坂井&A本多は俺しか投票してないww みんな「地獄の黙示録」とか好きじゃないのか?

最優秀タッグチーム・・・バラモン兄弟/佐藤兄弟
この二人以外に思い当たるタッグチームは皆無。

新人賞・・・矢野啓太
クラシカルに見えつつオリジナリティ溢れる技が大変魅力的。身体にもうちょっと迫力あればなぁ。

最優秀興行・・・鈴木みのる興行
2位にキャンプ場プロレス。生で見ている人が少ない割には健闘。映像で見るより7000倍くらい凄かった。帰りのバスで村田アナと鈴木健氏が、1作目を超える2作目はない的なこと言っていたが、例外として「ゴッドファーザー」みたいなこともあるので今年も開催を期待。

最優秀団体・・・DRAGON GATE
昨年は一度だけ観戦。満足できる興行でした。感激や興奮はなかったけど。

最優秀マスメディア賞・・・週刊プロレスmobile
興行のチェック、試合結果、ニュースで活用。読み物としても十二分に面白い。ただ鈴木健氏の試合レポは狙いすぎだと思います。実際に見た試合より面白かったりする・・。
週刊プロレスmobileの週モバ野郎では、早速今回の結果が取り上げられています。

全体的にバランスよく納得いく結果じゃないのでしょうか。

集計お疲れ様でした。次回開催も楽しみにしております!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :イベント トラックバック(0) コメント(0)

ネットプロレス大賞2008に投票します

 2008-12-30
ブラックアイ2さん主催のネットプロレス大賞。今年度が三回目です。

ネット・プロレス大賞とは?
 サイト管理人、ブロガーなどを中心に、日々、インターネットでプロレスを語っている“ファン”の投票を中心に決定するプロレス大賞。
 メール・コメント書き込み・トラックバックなど、ネットを通じての投票のみ有効。
 2008年が第3回。受賞者には「栄誉」が与えられる。それ以上は何もなし


12/29のカスイチ後楽園大会がわたくしのプロレス最終観戦。今回は早めに投稿します。

ネットプロレス大賞2008(http://beye2.com/blogid_26.html)
サイト名:だらだらプロレス観戦記
URL:http://machinegun3.blog80.fc2.com/

(1)最優秀選手賞
1位:飯伏幸太
2位:ザ・グレート・サスケ
3位:高木三四郎
飯伏選手は怪我による欠場が多く、年間通しての活躍が見れなかったのは残念。しかし彼の試合は限りない可能性を秘めています。見る人の遥か上を越える試合が出来るのはこの人しかいない。ノア武道館の翌日にキャンプ場で戦う等、ふり幅の広さも魅力。

(2)年間最高試合賞
1位:高木三四郎&飯伏幸太vsマッスル坂井&アントーニオ本多(9/7DDTキャンプ場プロレス)
2位:飯伏幸太vsケニー・オメガ(9/68/6闘うビアガーデン! 2008 ~三日目 飯伏幸太プロデュースDay~)
3位:義経vsフジタ“Jr”ハヤト(12/12みちのく後楽園)
やはり山林の中、長時間死闘を繰り広げたこの試合が1位。飯伏幸太vsケニー・オメガは場外の攻防が生で見れなかったのが残念(混雑のため)。義経vsハヤトは両選手のベスト試合。義経の凄味が堪能できた。

(3)最優秀タッグチーム
1位:バラモンシュウ&ケイ
タッグチームと考えるとこの二人以外に考えられない。今年はタッグ不作だった感も。

(4)新人賞
1位:ケニー・オメガ
2位:佐々木大輔
3位:矢野啓太
ケニー・オメガがいなければDDTはどうなっていただろうか?というくらい当たりな選手。佐々木大輔はルックス、技の的確性とも秀逸。

(5)最優秀興行
1位:9/7DDTキャンプ場プロレス
2位:9/68/6闘うビアガーデン! 2008 ~三日目 飯伏幸太プロデュースDay~
3位:3/6学生プロレスサミット2008
キャンプ場プロレスを生で観戦できたことは貴重な体験。ひとつの試合にあれだけ集中出来たことは稀有なこと。学生プロレスサミットも素晴らしい興行だった。残念なのは身内向けイベントに収まっていたこと。

(6)最優秀団体
1位:DDT
2位:新日本プロレス
正直、DDTの後楽園大会はイマイチ。来年の両国は期待してます。

(7)最優秀マスメディア賞
1位:週刊プロレスモバイル
2位:凡庸なる超人(サバイバル飛田)Gスピリッツ公式携帯サイト連載コラム
3位:ブラックアイ2
週プロモバイルは、携帯サイト全ジャンルにおいて毎日飽きさせずに見させるコンテンツ。凡庸なる超人は書籍化が望まれる。ブラックアイ2はプロレスやプロレス的な話題をバランスよく発信してくれました。やはり毎日チェックしてしまう。

ま、こんな感じで。結果発表が楽しみです!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :イベント トラックバック(0) コメント(2)

第3回ネットプロレス大賞が開催

 2008-12-20
今年もブラックアイ2さん主催のネットプロレス大賞が開催。今回は新たに公式サイトが立ち上げられています。

ネットプロレス大賞公式サイトhttp://beye2.com/blogid_26.html

 サイト管理人、ブロガーなどを中心に、日々、インターネットでプロレスを語っている“ファン”の投票を中心に決定するプロレス大賞。
 メール・コメント書き込み・トラックバックなど、ネットを通じての投票のみ有効。


というものです。昨年からの変更点もありますので詳細はリンク先でご確認を。
一般ファン投票のプロレス大賞ということで毎回楽しみにしております。個人的には東スポのアレより楽しみ(笑)。

今年1年のプロレスを振り返るとアレしか印象に残ってないよなぁ・・。アレは凄まじかった。例年とは違った投票になりそうです。
俺のプロレス観戦〆は29日のカスイチを予定。大晦日に投票するつもり。

なお、シメキリは09年1月5日(月)午後23時59分まで。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ