Top Page > 全日本プロレス

6/21 全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2009-06-23
全日本プロレス「CROSS OVER’09」開幕戦
6月21日(日) 東京・後楽園ホール 観衆:1650人

結果はスポナビより。
引退目前の荒谷が小島に惜敗=全日本プロレス(スポーツナビ)

カードのせいか入りは今ひとつ。
まずは三沢光晴選手追悼セレモニー。VMも含め参加全選手がリングの周りや通路に。
元所属選手だったこともあってか長めのセレモニー。

<第1試合 シングルマッチ>
●ブラッド・マーティン
(7分51秒 スーパーフィッシャーマンズバスター→体固め)
○歳三
それほどヒール色の強くない歳三。ブラッド・マーティンは良いとこなく敗れる。

<第2試合 6人タッグマッチ>
西村 修、●近藤修司、浜 亮太
(12分30秒 FIREBALLスプラッシュ→片エビ固め)
TARU、○稔、ヘイト
浜は暫く見ないうちに更に大きくなってるような気がする。近藤は良いとこなく敗れる。
6.21 014
6.21 014 posted by (C)マシンガン

<第3試合 シングルマッチ>
●ゾディアック
(8分50秒 ジャックナイフ式エビ固め)
○ジョー・ドーリング
同門対決でもって外国人選手同士の対決。2試合目で盛り上がってきた雰囲気がちょっと下がる。
6.21 022
6.21 022 posted by (C)マシンガン

<第4試合 タッグマッチ>
○真田聖也、征矢 学
(16分10秒 タイガースープレックスホールド)
KAI、●大和ヒロシ
悪い試合じゃないのだけど、盛り上がりに欠けた試合。この辺りの選手で沸かせないとまずいのでは?
6.21 030
6.21 030 posted by (C)マシンガン

<第5試合 タッグマッチ>
カズ・ハヤシ、●フィル・アトラス
(15分06秒 垂直落下式正田落とし→片エビ固め)
NOSAWA論外、○MAZADA
連係の不味さもありフィル・アトラスが負け。MAZADAの良さが目立った。
6.21 033
6.21 033 posted by (C)マシンガン

<第6試合 6人タッグマッチ>
武藤敬司、○諏訪魔、河野真幸
(20分58秒 ジャーマンスープレックスホールド)
太陽ケア、鈴木みのる、●高山善廣
河野は上背もあり見栄えするが、動きがぎこちない。まぁみのるや高山に動じることなく向かっていく様は素晴らしい。
高山は全く良いとこなし。最後もあっさり負ける。
良いとこなしな選手多いな・・。
6.21 037
6.21 037 posted by (C)マシンガン

<第7試合 シングルマッチ>
○小島 聡
(18分40秒 ウエスタンラリアット→体固め)
●荒谷望誉
荒谷に対し夥しい数の紙テープが舞う。
セコンドに所属選手全員が出てくる。武藤の介入も多少あったが、真正面から戦う荒谷は防戦一方。
が、浣腸攻撃から反撃に転じラリアット、ニールキック、ムーンサルトで後一歩まで追い込む。
まだまだ出来るといった感じ。引退は勿体無いような。惜しまれて辞めるうちが華なのかも知れないけど。
6.21 064
6.21 064 posted by (C)マシンガン
6.21 069
6.21 069 posted by (C)マシンガン

正直メイン以外はあまり印象に残ってません・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト



カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(1) コメント(0)

カズ・ハヤシのお店が6/21にオープン

 2009-06-18
全日本プロレスのカズ・ハヤシ選手が北千住でバーを開店。意外な選手が意外な場所に。

バーオープンは21日!(I'm here ! カズ・ハヤシのブログ)

「ダイニングバーカズ」のオープンが決まりました。

今週の日曜日
21日の16時からオープンします。

21日は12時から後楽園でシリーズ開幕戦。

試合後すぐにお店にかけつけますね。

場所は、 北千住駅から徒歩1分!
最高の立地ですよ。


お店をやる理由、場所はリンク先でご確認を。
これまた渋い場所だなぁ。場所は北千住駅西口から1分と好立地。
営業時間、店休日は明らかになっていません。
21日の後楽園大会後オープンとの事で当日は混雑が予想されます。様子を見て一度くらいは行ってみようっと。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス関連のお店 トラックバック(0) コメント(0)

全日本プロレスちゃんこを作ってみた

 2008-12-22
週刊プロレスちゃんこ鍋特集に掲載されていた中の全日本プロレスちゃんこ【スープ炊き】を作ってみた。
このちゃんこは大相撲・八角部屋出身の浜選手によるちゃんこ。

<材料>(2人分)
豚こま切れ肉・・・200g
鶏もも肉・・・150g
油揚げ・・・半パック
大根・・・1/4本
ニンジン・・・1/2本
玉ねぎ・・・1/2個
えのき・・・1パック
大葉・・・10枚
ニラ・・・1/2束
キャベツ・・・1/4個
醤油・・・適量
塩・・・適量
コショウ・・・適量
化学調味料・・・適量
おろしニンニク・・・適量
ごま油・・・適量


実際のレシピでは鶏がらから出汁を取っている。が、面倒なので顆粒鶏がらスープで代用。
鍋に水を張り、沸騰する前に顆粒鶏がらスープを濃い目に入れる。
醤油、塩、コショウ、おろしニンニク、化学調味料、ごま油を入れスープ作り完了。味見してみるとまるでラーメンスープのようだった。
スープ炊き1
スープ炊き1 posted by (C)マシンガン

大根、ニンジン、玉ねぎを入れた後、肉を投入。強火にして灰汁を取る。
スープ炊き2
スープ炊き2 posted by (C)マシンガン

ここで鍋に入れるペースト作り。みじん切りにした大葉におろしニンニク、ごま油を混ぜる。このペーストも鍋に入れる。
キャベツ、ニラ、えのき、油揚げを投入。豆腐も用意していたが鍋が小さいため入らなかった・・。
キャベツがしんなりして完成。
スープ炊き3
スープ炊き3 posted by (C)マシンガン

大葉のペーストが効いていてなかなか美味しい。が、その味の個性が強すぎて途中で飽きる(笑)。
具材の量も多かったため、食べ終わった後は無口になってしまった・・。〆に雑炊かラーメンと思っていたけど今回は無し。雑炊が合いそうな感じだった。
やっぱり鶏がらからスープ取った方が良かったかな?顆粒でもそこそこの味になったけど。
このちゃんこは『プロレスちゃんこナイト』で食べれそうなので(あくまで予想)、食べ比べてみよう。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

全日本プロレスちゃんこを作ってみた の続きを読む

カテゴリ :レシピ トラックバック(0) コメント(0)

6/22 全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2008-06-23
6月22日(日) 全日本プロレス「CROSS OVER'08」
東京・後楽園ホール 観衆1700人

11時半頃にホールへ。この時点でチケットは全席売られていた。
会場に入ると人はまばら。最終的に7割位は埋まった。
試合前にグレート草津さんの追悼セレモニー。全日本での活躍(オープンタッグ出場)が紹介された。所属選手がリングを囲み10ゴング。

第1試合
○真田聖也
(11分7秒 ドラゴンスープレックス→片エビ固め)
×起田高志
起田はがっちりとした体型。繰り出す技は少ないが迫力があった。ルックスも良く将来楽しみ。
試合は真田が終始リード。ジャーマンは返されたがドラゴンで仕留める。両方の技ともホールドせず投げた後にフォールに入った。

第2試合
○荒谷望誉、平井伸和
(10分18秒 アルゼンチンバックブリーカー)
×NOSAWA論外、TAKEMURA
試合前に荒谷と中西の対戦経緯の紹介映像が流れる。
荒谷が捕まりお笑いモードの試合へ。
荒谷は反撃に転じると中西を真似た野人アピールをする。最後は論外を担ぎ上げタップを奪う。場内に流れる映画「ロッキー」のテーマ曲。

第3試合
カズ・ハヤシ、○T28
(11分40秒 片エビ固め)
×KAI、アントニオ・トーマス
トーマスは派手にアピールをしながら入場。それにつられるKAI。
トーマスは試合でもオーバーアクション。このままこのキャラで行くのだろうか。
622全日本 001
622全日本 001 posted by (C)マシンガン

第4試合
×征矢学
(2分58秒 片エビ固め)
○レネ・デュプリ
TARUが先導してデュプリ登場。全く無駄な脂肪のない筋肉だらけの身体。ちょっとグロテスクにまで見えてしまった。
ヒール的動きを全くみせずにフライングボディプレスで勝利。フライングボディプレスの跳躍力は素晴らしかったが呆気なく終った感があり、客席の
反応は鈍かった。
622全日本 003
622全日本 003 posted by (C)マシンガン

第5試合
○佐々木健介、渕正信、中嶋勝彦
(15分9秒 体固め)
TARU、近藤修司、דbrother”YASSHI
健介がトヨタのCMに出ていることに茶々をいれるTARU。
渕の加入もあってか笑いがまざるほのぼのとした展開に。
渕は息も絶え絶えながら奮闘。
最後は健介がラリアットでヤッシーからピン。
622全日本 005
622全日本 005 posted by (C)マシンガン

第6試合
武藤敬司、ジョー・ドーリング、○雷陣明
(21分46秒 片エビ固め)
太陽ケア、鈴木みのる、×MAZADA
雷陣1年ぶりの凱旋試合。雷陣は大分スリムになって登場。ジュニアっぽい速い展開を見せるがこれといったインパクトは残せず
武藤のドラゴンスクリューでみのるが足を痛める。試合後も論外、竹村の助けを借りて退場。
ケアとドーリングが意識しあい必要以上にやりあっていた。試合後には南客席に雪崩れ込み乱闘。
雷陣が武藤、ドーリングvsみのる、ケアのやりとりに埋もれてしまった。
622全日本 007
622全日本 007 posted by (C)マシンガン
622全日本 014
622全日本 014 posted by (C)マシンガン

第7試合
×諏訪魔、土方隆司
(19分48秒 逆さ押さえ込み)
○西村修、エル・サムライ
グラウンドの展開でスタート。試合は淡々と進む。
敵対心剥き出しな攻防も無く、ただ時間だけが過ぎていった感じ。
この日一番盛り上がらなかった試合かも・・。
622全日本 016
622全日本 016 posted by (C)マシンガン

セミまでは良い流れでしたがメインがいまひとつ。
場内もあまり盛り上がらず寂しい雰囲気だった。良くも悪くも開幕戦といった感じの興行。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(1)

川田、健介と組んで最強タッグに参戦! 

 2007-10-31
全日最強タッグの健介のパートナーXが発表。

健介のパートナーは川田! 「最強タッグ」優勝へ強力チームが誕生=全日本プロレス(スポーツナビ)

11月23日の東京・後楽園ホール大会から開幕する全日本プロレス年末恒例の「2007世界最強タッグ決定リーグ戦」に関する会見が31日に行われ、Xとなっていた佐々木健介のパートナーとして川田利明が決定した。
全日本プロレス「2007世界最強タッグ決定リーグ戦」出場チーム

・武藤敬司(7年連続7度目)&ジョー・ドーリング(初出場)
・西村 修(3年ぶり2度目)&渕 正信(7年ぶり3度目)
・太陽ケア(4年連続7度目)&ハワイアン・ライオン(初出場)
・佐々木健介(2年ぶり3度目)&川田利明(2年連続17度目)
・アブドーラ・ザ・ブッチャー(12年ぶり11度目)&鈴木みのる(2年連続2度目)
・荒谷望誉(3年ぶり5度目)&大鷲 透(初出場)
・小島 聡(6年連続6度目)&諏訪魔(4年連続4度目)
・TARU(2年ぶり2度目)&ゾディアック(初出場)


健介のパートナーは山口かと思っていたが川田だったのか。
川田の加入により豪華になったような気はする。
世界最強ッぽくは無いけどねぇ。
優勝候補は武藤&ジョー、健介&川田、小島&諏訪魔あたりかな?
ヒール転向が失敗気味の小島と、今年あまり日の目を見ない諏訪魔に注目。
俺の優勝予想は小島&諏訪魔。
開幕戦は観戦するかもです。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)

7/15 全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2007-07-16
全日本プロレス「サマーアクション・シリーズ2007」 開幕戦
7月15日(日)東京・後楽園ホール 観衆1800人

開始10分ほど前に会場に着く。
ロビーは混雑しているものの客席はまばら。
やはり天候の影響だったのであろうか。
時間が立つにつれ客席は埋まっていったが。
場内には邦画BGM的な音楽が流れている。誰の趣味?
15 002
15 002 posted by (C)マシンガン

第1試合 シングルマッチ
●T28(10分50秒逆エビ固め)真田聖也○
声援はT28に多い。
新人の第1試合で見せる動きをしないT28。
今のファンにはT28の方が受け入れられるのだろう。
一度はブレイクされたもののがっちりと逆エビを決めた真田の勝利。

第2試合 タッグマッチ
渕正信&フィル・アトラス○
(9分53秒A’sフェースバスター→片エビ固め)
平井伸和&菊タロー●
いつもの展開だが、アトラスが入っているため技の見応えもあり。

第3試合 タッグマッチ
ペペ・みちのく&エル・イホ・デ・アラヤーダ・セグンド●
(6分10秒TANAKAスペシャル=飛びつき式腕ひしぎ逆十字固め)
MAZADA&TANAKA○
エル・イホ・デ・アラヤーダ・セグンドは荒谷。
注目のTANAKAはメキシカンのベテラン選手といった感じ。
スーツを着込み名刺を配りながら入場。
リング上では記念の写メを促す。
そこそこ動ける選手で館内の声援を浴びる。
この日本名シリーズは何処まで続くのだろうか?
普通に登場させるよりは変化あって良いんかな?
15 004
15 004 posted by (C)マシンガン

第4試合 シングルマッチ
○ミゲル・ハヤシJr(13分42秒ファイナルカット→体固め)櫛田雄二郎●
ミゲルが胸を貸すといった試合。
櫛田の変則的な動きには目を見張るものがあり、最後も粘って客席の目を引きつける。
15 007
15 007 posted by (C)マシンガン

第5試合 6人タッグマッチ
太陽ケア&中嶋勝彦&ジョン・ドーリング○
(12分4秒スカイハイボム→体固め)
TARU&近藤修司&“brother”YASSHI●
ジョン・ドーリングはでかくてルックスも良く、試合内容次第では今後上の方に固定されそうな感じ。
試合的にもジョンが戦う場面が多く、全日としても押したいところなんでしょう。
が、攻撃に迫力無く受けもオーバーアクション。
次第に良くなっていくんだろうがこの日は今ひとつ。

15 008
15 008 posted by (C)マシンガン
第6試合 シングルマッチ
○鈴木みのる(7分15秒ヒールホールド)土方隆司●
セミにしては弱いカード。
場内からはみのるに対して「秒殺しろ」の声が多数。
ミゲルが通路後方からこの試合を眺めていた。
試合は両者のスタイル的に手が合うものに。
土方はみのるの余裕を揺るがせるには至らなかったが、セミの仕事をまっとうしたと思う。

第7試合 タッグマッチ
●武藤敬司&佐々木健介
(23分5秒足首固め)
小島聡&諏訪魔○
この面子がリングに揃うと迫力がある。
セコンドのVMの印象も薄れてしまう。
小島は外見が変わったもののヒール色は薄い。
時折急所攻撃で技をかわしたりしていたが。
セコンドの介入以外はオーソドックスな試合。
この4人だったらそこそこの試合にはなる。
そこそこ面白かった試合。まぁこの日のベスト。
15 013
15 013 posted by (C)マシンガン
15 014
15 014 posted by (C)マシンガン
15 015
15 015 posted by (C)マシンガン

試合後武藤や和田レフェリーに手を出す小島。もうちょっと悪いことして下さい(笑)。
リング上を占拠するVM勢を蹴散らしたのがジョン・ドーリング。
最後の締めもジョン・ドーリング。
他団体に持っていかれないようお気をつけて!

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス

休憩時間に8/26両国で、世界ジュニア・ヘビー級選手権中嶋vsクリス・セイビンが発表されたらしい。
煙草吸ってたんで気付きませんでした・・・
で、喫煙所に貼り紙発見。
喫煙室はロビー内にできるとの事。詳細はわからず。

禁煙
禁煙 posted by (C)マシンガン

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)

4/22 全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2007-04-22
4月22日(日)全日本プロレス「HOLD OUT TOUR 2007」開幕戦
東京・後楽園ホール 観衆1500人

前日の夕方に諸般の事情により急遽観戦が決定。
相棒と共に12時過ぎに場内へ。
レモンサワーを買いスタスタと客席に。
メキシコ・アミーゴスの前説が始まっていた。
客席は7、8割の入りか。
北とバルコニーは埋まっているものの他が寂しかった。

第1試合・シングルマッチ
○雷陣明 vs ●T28
(7分53秒 ダイビングヘッドバット→片エビ固め)
踊りながら入場のT28に大声援。
新人らしからぬ体つき、動き。
体格に勝る雷陣は試合をリードするまでには至らず。
T28の技のキレの良さだけが目立つ。
ヘッドバット2発からのダイビングヘッドバットで何とか雷陣勝利。

第2試合・タッグマッチ
荒谷望誉、○平井伸和 vs 土方隆司、●真田聖也
(9分07秒 ロックボトム→片エビ固め)
真田はこのメンバーに入っても全く見劣りしない。
荒谷はいつにも増してやられモード。
暫く見ないうちにここまでのやられ役になったのか。
荒谷の見せ場はカンチョー攻撃くらいか。
最後のカウントが微妙で観客静まる。

第3試合・【渕正信選手デビュー33周年記念試合】
武藤敬司、○渕正信、菊タロー
  vs
ミゲル・ハヤシJr、ペペ・みちのく、●エル・ノサワ・メンドーサ
(20分11秒 首固め)
武藤の入場にドッと沸く場内。
アミーゴス主導権を握るもミゲル・ハヤシJrが渕に捕まる。
渕の連続ボディスラムを何とか逃れる。
武藤や菊タローの見せ場も多少あったが、渕が多くの時間リング内にいた。
エル・ノサワにバックドロップを狙う渕であったが、疲れのためか首固めの波状攻撃。そのままフォール勝ち。
試合時間が長かったような・・・
4/22
4/22 posted by (C)マシンガン
4.22 003
4.22 003 posted by (C)マシンガン

で、休憩へ。
まだ見たりない感じがあったか。
レモンサワーを買い煙草を吸う。
客席へ戻るとバンピーロの入場が始まっていた。

第4試合・シングルマッチ
●川田利明 vs ○バンピーロ
(4分30秒 横入り式エビ固め)
バンピーロの髪は短くなっていた。
最近見ていないのでいつからかはわからんが。
試合が始まるとすぐさま場外へ。
場外では一進一退の攻防。
両者リングに入るも暫くすると場内が暗くなる。
薄っすらと見えるムタの乱入。
川田に毒霧攻撃。
川田あっさり押さえ込まれ負け。
ムタは北側客席でアピール。
完全に消化不良な試合。
4.22 005
4.22 005 posted by (C)マシンガン

第5試合・タッグマッチ
鈴木みのる、●MAZADA vs TAJIRI、○AKIRA
(14分23秒 ムササビプレス→片エビ固め)
みのるがリングに入ると逃げて気勢を削ぐTAJIRI。
相手をすかす態度と表情は、みのるのそれより遥かに上を行く。
この4人のバランスが保たれているのか試合は思った以上にスイングした。
強いて言えばみのるの見せ場が少なかった。
TAJIRIのグリーンミストからAKIRAがムササビプレスで勝利。
4.22 006
4.22 006 posted by (C)マシンガン

第6試合・8人タッグマッチ
●小島聡、佐々木健介、太陽ケア、中嶋勝彦
  vs
TARU、○諏訪魔、近藤修司、YASSHI
(21分33秒 ラストライド→体固め)
YASSHIのマイクアピールからブードゥーの急襲で試合が始まる。
序盤はYASSHI、中盤は中嶋が捕まる展開。
暫く見ないうちに単純な技一つとっても中嶋の説得力が増している。
健介、小島が見せ場を作るも途中で同士討ち。
諏訪魔のバックドロップはキックアウトしたものの、ラストライドで完璧なフォール負けを喫す小島。
試合後ブードゥーの勧誘を受け無表情でひとりリングを降りる小島。
残された健介は困惑の表情。
4.22 008
4.22 008 posted by (C)マシンガン
4.22 010
4.22 010 posted by (C)マシンガン

それぞれの試合がそれなりに面白いものの、あまり客席が沸かない。
セミはみのるとTAJIRIの心理戦の様相もあり仕方ないが。
メインでやっと場内乗ってきたかな。
最終戦に向って伏線が張られる大会にしても、何か寂しい感じが否めない興行だった。

人気blogランキングへ
にほんブログ村 プロレスランキング

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ