Top Page > 小橋建太

ノア後楽園大会速報します!

 2008-01-20
20日ノア後楽園大会、緩めに速報します。
対戦カードは

ノア“The First Navig. '08”最終戦
2008年1月20日(日) 12:00~
後楽園ホール

<第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
モハメド ヨネ、太田一平
 vs
石森太二、伊藤旭彦

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
川畑輝鎮、志賀賢太郎
 vs
泉田純至、百田光雄

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
佐野巧真、金丸義信
 vs
本田多聞、菊地毅

<第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負>
小川良成、ダグ・ウイリアムス、井上雅央
 vs
バイソン・スミス、ロッキー・ロメロ、デイビーリチャーズ

<第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
齋藤彰俊、KENTA
 vs
高山善廣、青木篤志

<第6試合 谷口周平“驀進十番勝負”第1戦 シングルマッチ 45分1本勝負>
谷口周平 vs 佐々木健介(健介オフィス)

<第7試合 ROH世界選手権試合 60分1本勝負>
[第10代選手権者]ナイジェル・マッギネス vs [挑戦者]潮崎豪

<第8試合 田上明デビュー20周年記念特別試合 6人タッグマッチ 60分1本勝負>
三沢光晴、丸藤正道、鈴木鼓太郎
 vs
田上明、秋山準、森嶋猛


なんか昨日と更新内容が被ってるな・・。
だってネタが無いんだもん。
特に変わったニュース無かったし、新日契約更改は別のトコで詳しくやってるし。
最後に小橋選手の話題を二つ。

小橋建太選手DVD発売記念 インストア・イベントのお知らせ(PRO-WRESTLING NOAH公式)

■日時/場所
◇1月27日(日)
1. 13:00~14:00 HMV渋谷3階イベントスペース
(東京都渋谷区宇田川町24-1高木ビル1)
2. 16:00~17:00 秋葉原石丸電気ソフト2 8階イベントスペース
(東京都千代田区外神田1‐1‐10)

■参加方法及び定員
◇対象DVDを上記会場店頭にて御購入頂いた方に「イベント参加券」を配布
1. HMV渋谷-定員150名様
2. 石丸電気ソフト2-定員200名

■参加券配布開始日
・1月19日(土)~

■参加券配布対象商品
☆発売中:「鉄人 小橋建太~絶対王者への道~」(税込19,740円)
☆1月23日発売:「PRO-WRESTLING NOAH Winter Navigation' 07 小橋建太復帰戦 12・2日本武道館大会」(税込5,040円)
※「鉄人 小橋建太~絶対王者への道~」については1月19日(土)以降、お買い上げの方を対象とさせていただきます

■イベント内容
☆ミニトークショー
☆握手会~握手時に事前にサインを入れたDVDジャケットをお渡しいたします


小橋建太選手出演、日テレG+「どれどれトーク」放送時間変更のお知らせ(PRO-WRESTLING NOAH公式)

小橋建太選手出演、日テレG+「どれどれトーク」の放送時間が下記の通り変更となります

■放送日
(変更後)1月19日午前0時10分~
(変更前)1月18日午後10時10分~
※再放送日時については変更はございません

■変更後詳細一覧
・放送局:日テレG+
・番組名:「どれどれトーク」
・放映日:1月19日 午前0時10分(25分間番組)
・再放送:1月19日 午前11時15分
    :1月21日 午前11時15分
      :同    午後4時40分
・復帰戦までの苦労やプロレスへの思いなどを語るトーク対談番組。
・聞き手は読売新聞文化部の鈴木美潮氏。
・1月23日頃からは読売新聞のホームページでも動画をご覧いただけます。


G+見れないからHPで見ることにしよう。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト



カテゴリ :プロレスリング・ノア トラックバック(0) コメント(0)

12/2 ノア武道館観戦記~小橋建太復帰戦~

 2007-12-03
ノア「Winter Navigation’07」最終戦
開始 17:00
会場 東京・日本武道館 観衆 17000人(超満員)

靖国神社を出て近くのドトールへ。
ジャーマンドッグをオーダーすると「ケチャップをつけますか?」と問われる。
コンビニで少々のアルコールを買い、田安門を抜け武道館へと向う。
階段を昇り入場する。用を足して自分の席に就く。
17時に近くなると場内が暗転し眩いスポットライトがリングを照らし始めた。
満員の客席から唸り声にも似た声援が飛び始める。

第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○川畑輝鎮&百田光雄
vs
泉田純至&平柳努●
(11分29秒 ダイビングセントーン→体固め)
リング上に明るい照明が灯る。
コミカルな展開で観客の心を掴むも持続せず。

第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○金丸義信&青木篤志
vs
鈴木鼓太郎&太田一平●
(11分47秒 腕ひしぎ逆十字固め)
太田の連続エアプレーンに場内の集中力が高まる。
試合をコントロールしていた金丸が決める。

第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
佐野巧真&井上雅央●
vs
タグ・ウィリアムス&ブキャナン○
(12分51秒 雪崩式アイアンボム→体固め)
雅央に対し大きな声援。と共にざわつき始める観客。

第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
杉浦貴&モハメドヨネ&伊藤旭彦●
vs
本田多聞&菊地毅&潮崎豪○
(14分47秒 ゴーフラッシャー→片エビ固め)
リングから遠い2階後方でも杉浦の身体つきの凄さが目立つ。
試合内容で目を奪われたのは潮崎と伊藤。
伊藤の受けの印象が強く残った。

第5試合 タッグマッチ 30分1本勝負
小川良成&エディ・エドワーズ○
vs
KENTA&石森太二●
(16分09秒 変型フィッシャーマンバスター→エビ固め)
小川とKENTAの意地の張り合いに身を乗り出す。
石森が見せ場作るも逆転負け。

第6試合 タッグマッチ 30分1本勝負
田上明&志賀賢太郎●
vs
バイソン・スミス&齋藤彰俊○
(17分32秒 スイクルデス→片エビ固め)
田上と志賀には野次と失笑が飛ぶ。が、コンビネーションに優れており興味が尽きない展開。
昔の新日本で飛んでた類の野次が多かったような。

第7試合 シングルマッチ 60分1本勝負
●丸藤正道vs森嶋猛○
(22分58秒 バックドロップ→エビ固め)
対格差を感じさせない展開。これは丸藤の才能によるものか?
しかし森嶋もその体格を思わせない軽技を見せ付ける。
一進一退の攻防。
丸藤の不知火は出すのが早すぎたようだ。
森嶋のバックドロップ2発とラリアットはド迫力。

第8試合 小橋建太復帰戦 タッグマッチ 60分1本勝負
○三沢光晴&秋山準
vs
●小橋建太&高山善廣(高山堂)
(27分07秒 雪崩式エメラルドフロウジョン→体固め)
場内は小橋コールに包まれる。
入場した小橋は武道館の天を仰ぐ。
感慨深い表情が遠目にわかった。
序盤はチョップを主体に攻める小橋。
沸点は唐突に訪れる。秋山にボディスラムを決めコーナー上へと急ぐ小橋。しかしその時間がまどろしく感じる。
ムーンサルトを決める小橋。
小橋の見せ場は続く。三沢にハーフネルソン、ラリアットを決めつける。
しかしここまで。
最後は三沢がエメラルド、雪崩式エメラルドと波状攻撃を決め小橋があっさり負け。
俺はその結果に落胆した。
試合が終ると同時にアリーナの観客がリングへと押し寄せる。
勝者の三沢のテーマが鳴るも場内からは割れんばかりの小橋コールが巻き起こる。
俺はこの場をすぐに離れたかった。なぜなら応援していた選手が負けたから。
負けた選手に流す涙はもうないんだよね。
勝たなきゃ何の意味もない・・・。

2 002
2 002 posted by (C)マシンガン
2 003
2 003 posted by (C)マシンガン
2 004
2 004 posted by (C)マシンガン
2 006
2 006 posted by (C)マシンガン

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレスリング・ノア トラックバック(0) コメント(3)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ