Top Page > 藤原喜明

藤原喜明著「覚悟ー人生60年、覚悟が生死をわけた!ー」を読んでみた

 2010-03-13
藤原喜明選手の著「覚悟ー人生60年、覚悟が生死をわけた!ー」を読んでみました。
前作の復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄は実用的なプロレス技解説書。今作は自伝。
時折斎藤文彦氏による文章が入る。「KAMISAMA 藤原喜明、ゴッチに会いにいく」というDVDが付属されている。
あとがきに書かれている「プロレスラーとしての覚悟、ガン患者としての覚悟、還暦を迎えたひとりの人間としての覚悟」が濃密に語られている。
少年時代から今に至るまでが書かれているが、特に思い入れが強く記されているのはゴッチ、猪木、佐山のエピソード、そして自らが患ったガンのこと。
一人称で私小説的に書かれているので、冒頭からのめりこんでしまう。プロレスという職業に対する考え、行動を読むとその迫力に圧倒される。プロという言葉を改めて考えさせられた。
重苦しい口調で書かれてるわけではないが、読後ずっしりとした重たい感覚がのしかかる。
付属DVDの主役はゴッチ。自己鍛錬をもくもくとこなすカール・ゴッチの姿も必見。

覚悟ー人生60年、覚悟が生死をわけた!ー[DVD付]覚悟ー人生60年、覚悟が生死をわけた!ー[DVD付]
(2010/03/05)
藤原 喜明

商品詳細を見る

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

藤原喜明著「覚悟ー人生60年、覚悟が生死をわけた!ー」を読んでみた の続きを読む

スポンサーサイト



カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(0) コメント(0)

復刻 幻の藤原ノート―「ゴッチ教室」の神髄を読んでみた

 2009-12-12
『復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄』を購入。
店頭でパラパラと捲り面白そうなので買ってみた。著者は藤原喜明、企画構成が安田拡了。
藤原選手がカール・ゴッチに学んだ関節技の奥義をメモに残していた。本書はそれを自らのイラストと説明で清書されたもの。

前編のほとんどが技の解説。時折藤原選手のプロレスラーとしての軌跡が語られている。
冒頭に書かれている「はじめに」の言葉に痺れる。全文引用するわけにもいかないので一部分だけ。

相手を完全に極めてマイッタさせる。
これが美しいんだ。アートなんだ。
勝負は相手に潔く負けたと思わせる技で決めなければ美しくない。


技の解説はイラスト共にわかりやすい解説によって、プロレスをしたことのない俺でも十分理解できる内容。説明ひとつひとつに説得力がある。ひとつの技を読み終えると実践したくなる。実際プロのレスラー達も参考になるであろう実践的な本。

この本を読むことによってプロレスの見方が変わるかもしれない。より興味深く見れると思う。でも、いま関節技の攻防ってあまりないか?(笑)

復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄
(2009/12/08)
藤原 喜明

商品詳細を見る

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ