Top Page > 我闘姑娘

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

7/30 我闘姑娘新木場大会「プロレス少女達の野望Vol.5」観戦記2

 2006-08-01
我闘姑娘新木場大会「プロレス少女達の野望Vol.5」観戦記

第6試合
零 VS 高橋李佳
零の試合はWMFの時に見ているが、このときは本領発揮ならずあまり良い印象は無かった。
しかしこの試合は違った。
思いもよらないタイミングや意外性のある技を繰り広げていく、まるで初代タイガーを見たとき以来の感動がある。
対する高橋も凄い。
スピード、切れ、迫力、何をとっても卒が無い。
なんで俺は今までこの選手の試合を見ていなかったのかと悔やんだ。
そんな選手達が試合をしているのである。
集中力がリングの二人に注がれてしまう。
まったく先が読めない展開。
次の展開を邪推することなくリングの闘いにのめり込んでいく。
この闘いは永遠に続いて欲しかった。
この真昼の夢から覚めたくなかった。
もっと見ていていたい。
そんな思いで試合を見るのはさらさらあるもんじゃない。
最後に零が決めたムーンサルトの華麗さは天下一品!
素晴らしかった!

第7試合
零&春日萌花 VS 市井舞&希月あおい
市井のこのリングでの最後の試合。
零と春日は容赦なく攻めかかる。
春日が絡むと試合展開のテンポがずれるものの、複雑な感情も交差してか熱い闘いが繰り広げられる。
試合を決めたのは春日。
先ほど決めた技と同じフィニィッシュだった。
一度は失敗したが(レフェリングのミス?)、見事2勝目を市井から取った。




試合後市井の卒業式。
所属選手全員がリングへ上がる。
石井がお別れの手紙を泣きながら読み上げる。
選手の中にはすでに泣いている子もいる。
市井の挨拶後、全選手で技を仕掛けていく。
最後にコーナーに上ったさくらが涙を見せた後ダイビングボディを見舞っていく。
俺の涙腺もここで緩んでしまった。
隣の人に気付かれないようハンカチで目を押さえた。




会場を出ると妙に明るい日差しが眩しかった。
でも俺もっと眩しいもん見たんだもんね・・・
また、絶対にこの我闘姑娘に来ようと誓った。

なお、高橋選手は受験のため次回大会でしばらくお休みするとの事。(笑)

人気blogランキング

次の女子プロは「エール!エール!ピー!ダブリュー!」でも行こうかな?

我闘姑娘公式HP

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :我闘姑娘 トラックバック(0) コメント(11)

7/30 我闘姑娘新木場大会「プロレス少女達の野望Vol.5」観戦記1

 2006-07-31
我闘姑娘新木場大会「プロレス少女達の野望Vol.5」観戦記

以前から興味があった我闘姑娘
女子プロに詳しいお仲間ブロガー小吉さんを誘ってみると色よい返事。
一緒に観戦することに・・・

前日の火祭り観戦後、食事をしながら打ち合わせ。
何でも当日券は10時から発売との事。
新木場で2時間も時間を潰すのはツラいっつう事で待ち合わせを11時新木場に。

当日無事チケットを手に入れる。
時間があるので喫茶店でしばし過ごす。

開場時間になり会場へと向かう。
客層は年代高めの男性群。
これなら俺でも違和感ない。
少し遅れて開場。
客席は見る見る埋まっていく。
中々始まらないので煙草を吸いつつ待つことに。

男性の開場が遅れた事に対する説明から興行が始まった。
オープニングの画像が映らず、進行も遅れる。
そして選手入場。
幼い子が紹介と共にリングへ上がって行った。


第1試合
きのこ VS 聖菜
第2試合
あいか VS ひなた
小学生の女の子同士がリングでプロレスをする。
それを見ているとなんとなく後ろめたい雰囲気に。
俺チューハイ飲んでるし。(苦笑)
しかし試合が進むにつれのめり込んでいく。
何よりプロレスを真剣にやっているから。
真剣に相手を見据え真剣に技をかける。
彼女達は紛れも無い本物のプロレスラーなのである。
リングサイドには出場全選手がついている。
セコンドの眼差しや声援も真剣なのだ。




第3試合
石井美紀 VS 希月あおい
俺に近い年齢の石井を見て少しホッとする。
希月はWMFの時にセコンド業務をこなしていた選手か?
希月の技をかけるスピード感、躍動感は素晴らしかった!
とにかくだれること無く、間延びすることも無く。
最後に試合を決めたダイビングボディプレスもド迫力!

第4試合
市井舞 VS ひかり
市井は写真で見るより遥かに可愛く美しい。
一発でファンになりました。
体格で劣る、ひかりも必死に喰らいつく。
最後は非情にも市井がダイビングボディプレスを放ち勝利。





第5試合
さくらえみ VS 春日萌花
さくらえみの試合を見るのは全女参戦のとき以来。
あの時は「ニャー、ニャー」言って闘っていたなぁ。
春日の試合を見るのは3試合目。
以前見た試合が不甲斐無かったせいもあり、あまり期待せず望んだ。
いつもと違うコスチューム。
余裕で攻めるさくらに劣勢の春日。
さくらは攻めてるときも受けてるときも表情豊かで見ている俺まで乗せられてしまう。
春日は丸め込みや押さえ込み連発でフォールを狙うも、さくらは危なげなく返していく。
それでも次々と逆転技を仕掛ける春日。
春日に勝たせたいという雰囲気が会場に漂う。
俺の手のひらにも汗が。
隣の人からも興奮してきている様子が感じられる。
そのとき、春日がさくらの腕をホールドしながら回転し丸め込む。
カウントが三つ入った。
「おーっ!やった~!」
春日の勝利だ!
初めての勝利。
しかも最後の固め技には十分説得力があった。
思わず立ち上がり拍手を送り続けた・・・




人気blogランキング

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :我闘姑娘 トラックバック(-) コメント(6)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。