Top Page > マッスル

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1/3 マッスルハウス5観戦記

 2008-01-04
マッスルハウス5
1月3日(木)東京・後楽園ホール 観衆1938人(超満員札止め)

20分押し位で開場。売店には大声で呼び込みをする三四郎社長の姿が。
北側は客席は全て潰されており、リングがもう一つ置かれていた。
場内には、サムライ生放送の関係上早目に暗転に入るので早目に着席することを促すアナウンス。
まずはサムライ実況の村田氏と解説の鈴木健氏の前説みたいなモンから。
中央のリングが昼間やっていた全日本のリング、北側のはDDTのリングらしい。
場内暗転しマッスルハウス5スタート。

日本インディー大賞ベスト興行にマッスルハウス4が選ばれた。今回のハウスはサムライで生放送されることもあり気合が入る選手たち。
メインに行われるIMGP世界ヘビー級選手権の挑戦者を巡り喧々囂々。
鶴見亜門は挑戦者に日本インディー大賞特別賞受賞の趙雲子龍を指名。他の選手たちには大部屋の汁レスラー呼ばわり。
結局坂井やアントンたちはヒール汁レスラーとして悪の限りを尽くすことに。
ここで鶴見亜門が登場。リングが二つあることに戸惑いつつもマッスルの開始を告げる。

第1試合 IMGP世界ヘビー級選手権試合
[王者]▲飯伏幸太 vs 趙雲子龍▲[挑戦者]
(7分47秒 ヒール汁レスラー乱入→無効試合)
IMGPのぶち壊しを指示されていたヒール汁レスラー軍(坂井、アントン、ディーノ、ペドロ、酒井)だったが、乱入するや否や二つ目のリングでサングラスをかけた酒井をレフェリーとし試合を始めてしまう。
怒り心頭の亜門が試合をストップ。ヒール軍に何故普通にヒールらしいことをしないのか?と問いただす。
ヒール軍は無視こそが最大の嫌がらせだと言う。二つのリングを用意したのも自分たちで、もう一方で試合をすることによって亜門たちの存在を無視するという。
ヒール軍は煽り映像も用意したと言い、スクリーンの使用を巡り揉める事に。これは半分に割って使う事で坂井も亜門も納得。

第2試合 タッグマッチ メインリング
大家健&○趙雲子龍 vs 藤岡典一、Mr.マジック●
(5分14秒 逆エビ固め)
第2試合 タッグマッチ サブリング
マッスル坂井&●ペドロ高石 vs 男色ディーノ&アントーニオ本多○
(5分14秒 逆エビ固め)
二つのリングで試合が行われることに。しかし煽り映像も試合も全く同じ内容。
激怒する亜門はこれでは視聴率が取れないと嘆く。しかしMr.マジックにサムライは視聴率がないと聞くと暴走を始める。
自分がプロレスを見ている動画サイトのほうがビュー数が出てわかりやすいと言い、動画サイトで人気が出た方が後々の評価に繋がると言い出す。
結局二つのリングを使い動画サイト受けする試合をすることに。

第3試合 マッスル正規軍vsマッスルズ・アウトローズ ダブルリング
藤岡典一&Mr.マジック&●大家健&趙雲子龍
 vs
マッスル坂井&ペドロ高石&男色ディーノ○&アントーニオ本多
(15分14秒 男色ドライバー→片エビ固め)
ダブルリングをイマイチ使いこなせない両軍。試合とは関係ない動画サイト受けする特技を披露しあう。最後はバックに初音ミクの実況を流し試合が終了。
試合後リングでは藤岡がギャグ100連発を披露し始める。が、今までの放送を見た三田キャスターからクレームの電話が入る。

ヒールや面白いプロレスに対応できないマッスルのメンバーに対し後半はプロレスの授業をすると亜門。彼らにプロレス小テストを配り休憩に入る。

北ステージには教室のセットが。
亜門が先生になり生徒にはNOSAWA、MAZADA、竹村の姿も。他の生徒は726、酒井、藤岡。
他のメンバーは小テストの点数が良かった為授業に参加できず。
小テストの答え合わせが行われる。それはプロレス検定を捩ったもの。
休み時間に入ると愚連隊に「パン買って来い!」等とイジメられる藤岡。
そのイジメを問題にした亜門。プロレスをやればわかりあえるとし、試合が行われることに。

第4試合 6人タッグマッチ
NOSAWA論外&MAZADA&竹村豪氏
 vs
藤岡典一&726&酒井一圭
(4分5秒 無効試合)
守勢の藤岡が突然マッスル軍に襲い掛かり愚連隊に転向。
試合後この日を持ってマッスルを卒業する選手がいると言う亜門。
その選手は趙雲、アントン、726。それに反対をする坂井が卒業を阻止すべく3人と試合をすることに。

第5試合 1vs3ハンディキャップマッチ
○マッスル坂井 vs 趙雲子龍●&アントーニオ本多&726
(0分38秒 横入り式エビ固め)
試合は丸め込みであっさり終る。不満のアントンに「もっとプロレスがしたいなら最高の相手紹介してやるよ」と坂井。
ここで鈴木みのる登場。

再試合 2vs3ハンディキャップマッチ
マッスル坂井&○鈴木みのる vs 趙雲子龍&●アントーニオ本多&726
(8分5秒 片逆エビ固め)
劣勢を強いられるマッスル軍。しかし726はコーナーに顔を俯けたまま微動だにしない。
アントンの負けで試合が終る。坂井が最後の挨拶をしみのるに締めを促す。
ここでアントンが726が試合をしていないことに異を唱える。
坂井に責められながらも「プロレスがしたい」と726。そこでみのるが「おまえに極上のプロレスをやらせてやるよ!」
テーマ曲が流れ高山が入場してくる。

再々試合 6人タッグマッチ
マッスル坂井&鈴木みのる&○高山善廣
 vs
趙雲子龍&アントーニオ本多&726●
(14分40秒 ランニング・ニー→片エビ固め)
試合は726のローンバトル、一方的に攻撃を受ける。
リングサイドについたマジックやペドロが何故か肩を震わせ泣いていた。新藤アナも顔を覆い隠していた。
途中でスローモーションに変わり坂井のナレーションが。ここで726の奥さんが亡くなられた事実を知らされる。
スローが終るも726への攻撃は続く。場内の声援は726に集中する。
試合に負けた726に激を飛ばすみのる。みのるは「武道館の時は二人のスケジュール空けとくから」と言い放ち高山と退場。
坂井は726のこと、武道館のこと、会場が延長時間に入ったことなどを述べ興行を締めた。

席を立ち喫煙所に向う。そしてロビーを通り階段で降りる。1階で人を待つ。その間お客さんの話している事は今見た興行について。こんなににも今見た興行について話している人々を見たのは初めてかもしれない。
観戦した興行に対して満足行くものではあった。が、何かすっきりしない。頭の中に靄がかけられたようだ。
この興行に対する感想を求められても何も答えられない。

080103_2155~0001
080103_2155~0001 posted by (C)マシンガン

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :マッスル トラックバック(0) コメント(0)

5/4 マッスルハウス2後楽園大会観戦記2

 2006-05-05
休憩時間、チケットの裏に判をもらい1階へ。用を足し外に出てマルボロに火を点ける。
長い前振りと慣れない展開に頭が疲れたようだ。5階へ戻りレモンサワーを買い着席。今日は心なしかいつもよりアルコールを買う人が少ないように思えた。


第7試合
アントニーオ本多 vs フランチェスコ・トーゴー
本当は生きていた亜門が本多に課させたのは対トーゴー。トーゴーの登場に沸く場内。
今までリングで行われていたことが嘘のようなクラシカルな展開。
本多を相手に圧倒的強さを見せつけるも、相手の持ち味も引き出すトーゴー。もし、俺がプロレスラーになれるのならトーゴーみたいになりたい。ふと、そう想った。
ラストはトーゴーがストレートを叩き込み本多を倒す。
試合後、本多はトーゴーに対し手紙を読み上げる。それは本多のトーゴーに対する愛情溢れる内容だった。トーゴーのプロレスに対する思いも少しわかったような気がした。俺もそれを聞いて感じるところがあった。まぁ、どこまでが本当のことかわからないが。


先日の会見でツルティモドラゴンジムを卒業しての進路を亜門に決められた坂井。坂井はメキシコで相撲を普及させる為にスモウリブレの設立を命ざれる。
他の参加選手は大鷲透ティーヤと大鷲透ティーヤシート(三和太)。
しかし今日は「大鷲がマッスル出るわけねぇだろ!」と亜門が冷たく言い放つ。
そこにDJニラが登場。ニラは坂井の手助けのために趙雲と藤岡を使い、大鷲の着替えを盗んで後楽園から帰れないようにしていた。
そこに大鷲透ティーヤと大鷲透ティーヤシートが入場。観客は大喜び。
大鷲は着替えを盗んだニラ、趙雲、藤岡に怒りを表し対戦をアピール。


メインイベント
マッスル坂井、大鷲透ティーヤ、大鷲透ティーヤシート vs DJニラ、趙雲子龍、藤岡典一
試合が始まるもすぐに亜門がストップ。明日後楽園ホールで仮装大賞の収録があり今から搬入が入ることを告げる。
大鷲に対し「大鷲も仮装大賞好きだろ?」と言う亜門。
「まあ、嫌いじゃないな・・」と大鷲。
再び試合開始。北東のステージ席には仮装大賞のポイント掲示板が運び込まれる。
試合はあっさり大鷲が藤岡をしとめる。するとポイント掲示板が「ピ、ピ、ピ、ピ、ピ!」と5点を表示する。
戸惑うリング上の選手。亜門は「今の試合が5点じゃないの。」と冷たく言い放つ。
20点の合格を目指してまたまた試合を再開することに。
三和太がぶーちゃんローラーを仕掛けるもポイント上がらず。大鷲がぶーちゃんローラーを掛けると少し上がる。
坂井の攻撃で下がり、大鷲の攻撃で上がっていく。
もう勝敗は関係ない。いかにしてポイントを上げるかに全選手が力を注いでいる。(苦笑)
途中で大鷲が藤岡の異変に気付く。藤岡はうんこを漏らしていたらしい。藤岡はスローモーションで泣きながらリングを後にする。
リング上の選手たちもスローモーション。大鷲もそれに付き合う。
剣を持ち出す趙雲。リングの上は死体の山。
するといつのまにか西側バルコニーに藤岡の姿。そこからダイブを決行する。
その下には坂井が机の上に寝て待ち構えている。そこに覆いかぶさるように着地した藤岡。
カウントが三つ入るとポイント掲示板が一気に「ピピピピピピピ・・」と20ポイントの合格点を示す。
素直に喜ぶ俺ら観客。
リング上では坂井が挨拶。大鷲は早く帰らせろとアピール。
坂井は「皆、大鷲さんの事が大好きなんですよ! 今日の事は誰もインターネットなんかには書かないしサムライのニアライブにはモザイク入れます。」
退場する大鷲。残された選手達はマッスルポーズで締める。
エンディングロールには松本人志の「一人ごっつ」が使われていた。


後半に東郷を出場させシビアな試合したかと思えばすぐに泣きの演出を見せる。
大鷲にはあくまでもマッスルの流儀で試合をさせる。大鷲の懐の深さも凄いが。
ここで行われたことを消化出来るほど俺の頭は柔らかくない。ただ別に不快感はなかった。大いに笑えたし、日常の事を忘れて楽しむ事も出来た。
プロレスを理解してプロレスをリスペクトしてここまで消化して演出する坂井は凄いと思う。しかも全ての仕掛けを我々に提示して。
観客全員に同じ答えを持たせないで帰らせる。それも凄いことだ。通常のプロレス興行ではありえない感覚だ。
優良なエンターテイメントを見せてもらった。そう言えば良いのかな?
ちなみに6日にはこの後楽園ホールで収録された「仮装大賞」が放送される・・・

~おわり~



俺はプロレスを音楽に例えるならジャズだと思う。メロディに沿って演奏している奏者たちがそこから外れ、強烈なアドリブによって自己表現していく。
あくまでも俺のプロレス観。

人気blogランキング
にほんブログ村 格闘技ブログ

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :マッスル トラックバック(0) コメント(22)

5/4 マッスルハウス2後楽園大会観戦記1

 2006-05-05
北側に1列だけ並べられたパイプ椅子席は客席ではなかった。
考えてみたら北から観戦する意味ないもんね。
南側前方の両サイド意外は満員。この中に純粋なプロレスファンはどれくらいいるのだろう?

まずは先日行われた記者会見の模様が流れる。マンモス半田のツルティモドラゴン入門テストとして対ゴージャス松野が発表されたが、松野の体調不良により試合が流れる。
鶴見亜門はマンモス半田の不戦勝とし、マッスルのエースに任命。代替カードとして「ゴージャスランブル」を決定する。


第1試合
マンモス半田 vs ゴージャス松野
圧倒的不戦勝でマンモスの勝ち。


鶴見亜門が入場。人気の無いプロレスをやらないでバラエティー番組を収録すると言う。後楽園ホールをバラエティー番組の聖地とも言ってましたね。確かに俺も子供の頃「お笑いスター誕生」見に来た事あったな。

まずはどっきり企画を行うという。我々観客も仕掛け人となりマンモスを騙す事に。西側はマンモスの応援、東側は対戦相手の応援、南側は空気を読んで声援しろと。(笑)
そしてどっきりの説明。ここまでで開始50分、ようやくリングで試合が行われる。


第1試合 マンモス半田試練の7番勝負1
マンモス半田 vs 虎龍鬼
この試合はマンモスに相手に勝ってはいけないと指示しているらしい。そこで相手の虎龍鬼が簡単に負けてマンモスの反応を見ようというもの。
試合が始まると西側客席はマンモスコール、東側客席は虎龍鬼コール。素晴しい。(笑)
マンモスに腕を取られると虎龍鬼はあっさりギブアップ。
マンモスの反応は・・・無い。


第2試合 マンモス半田試練の7番勝負2
マンモス半田 vs 塩田英樹
普通に試合するも何せ試合時間は2分間。時間切れ引き分け。


第3試合 マンモス半田試練の7番勝負3
マンモス半田 vs 酒井一圭HG
息子を抱っこして入場する酒井。それをマンモスが攻めることが出来るのか?というどっきり。
開始早々泣いてしまう子供。マンモスは攻めあぐねるが、何故か果敢に攻める酒井。
客席の一部が引いている。時間切れ引き分け。


第4試合 マンモス半田試練の7番勝負4
マンモス半田 vs ミスター・マジック
この試合には酔っ払いの客の野次にマンモスが耐えられるか?というどっきりが。
しかし野次の内容は「エル、エル、ピー、ダブリュー!」と両手でアピールするというもの。リアリティーが無いと言いますか。まぁ笑えたから良いですが。あと「神取だせ!」とも言ってたな。(笑)
それに対するマンモスの反応は・・・鈍い。
試合はマジックが酔っ払いの客をつまみ出して退場した為ノーコンテスト。


第5試合 マンモス半田試練の7番勝負5
マンモス半田 vs 726
先ほどの酔っ払い客が西側バルコニーで放火し騒然とする観客をマンモスが避難誘導出来るかというどっきりが。段々リアリティーが無くなって来る。(笑)
試合は段取りどうりに進み、場内に非常ベルが鳴り響く。消火に行く726。
リングに残されたマンモスは「ヤバイですよ。ヤバイ。」とは言うもののやはり反応が鈍い。
無事消火を終えて次の試合へ。


第6試合 マンモス半田試練の7番勝負6
マンモス半田 vs ペドロ高石
先日行われたマッスルの会見の後にスカパーの女性スタッフ関さんがマンモスにファンだといって近づきメルアドを渡す。関さん可愛かったなぁ。
その後のメールでのやり取りも公開された。実際は藤岡のアドレスで藤岡とやり取りしていた訳であるが。
その関さんが北側に座り、酔っ払いの客に襲われる。そのときマンモスはどういった行動にでるか?というどっきり。
開始早々酔っ払い客が姿を現す。刃物を突きつけ北東のステージ席へ。この為に空いてたんだな。
マンモスの反応は相変わらず薄い。
助けに行くペドロ。カポエラ技は通じなかった。そりゃそうだ。
関さんが助けを求めるとやっと反応するマンモス。二人に近づいて行く。
そこで、一緒に近づいた亜門が刺されてしまう。やはり反応の薄いマンモス。
坂井が『どっきり』だと告げるとそれに気付いていたと主張するマンモス。
客席から坂井にブーイングが飛ぶ。どっきりは失敗だったのか?
刺された亜門から本物の血が!どうやら自分で本物の刃物を使えと指示したらしい。リアリティーを出す為に。
マッスルの将来を坂井たちに託し、息が途絶える亜門。
ここで休憩へ。


マンモスを騙そうとした俺ら観客が騙されたのか?
マンモスが期待ほど動けなかったのか?
そういえば7番勝負6試合しかしてないな。
などと考えつつ煙草を吸いにロビーに出た。



人気blogランキングへ
にほんブログ村 格闘技ブログ

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :マッスル トラックバック(0) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。