Top Page > BIG MOUTH LOUD

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

7/2 BIG MOUTH LOUD~BIG MOUTH ILLUSION VI 後楽園大会観戦記

 2006-07-03
BIG MOUTH LOUD~BIG MOUTH ILLUSION VI 後楽園大会

結局7割ほどの入り。
試合前のロビーはさほど混んでいなかった。
いつもの様にビールを買い着席。


第1試合
藤原喜明 vs グレート・カブキ・シート
この試合シークレットであったはずが事前にネタバレ。
しかしカブキの昔と変わらない登場振りには感激した。
カブキは戦わず体の小さいカブキ・シートがリングへ。(野橋らしい。)
カブキ介入し藤原に毒霧吐くも全く効かない。(笑)
脇固めで勝った後カブキを挑発するも、背後に忍び寄った別のカブキ?(竹村っぽかったが・・)が毒霧。
次回に因縁を持ち越す。


第2試合
ドン荒川 vs 泉州力
泉州の入場には沸いた客席だったが試合となると別。
いつものようにコミカルな動きをする荒川。
泉州は普段通りこなす。
どういう意図を持ってこの試合が行われたかわからなかった・・


第3試合
義経 vs AKIRA
最初こそAKIRAに声援が集中してたが、華麗な跳び技で客席を一気に惹きつける義経。
AKIRAはオーソドックスな技で対抗するも、その入り方がトリッキーであったりスピード感があるので目が離せない。
客席の義経に対する反応が素直で微笑ましかった。
意外と好試合になった。
試合中、北東コーナー奥には何故か稔の姿が。


第4試合
石川雄規&エンセン井上 vs マッドドッグス(マッド後藤&ドッグ小原)
マッドドッグスがジャッジ金子を急襲しレフェリー不在のまま場外へ。
石川と後藤、エンセンと小原がそれぞれ違う方向でやりあう。
場内総立ちで乱闘の方向に観客が移動し混乱状態。
乱闘自体は緩かった。


第5試合
中嶋勝彦 vs 澤宗紀
蹴り張り手をバチバチやりあう二人。
中嶋押され気味もすぐに反撃する。
中嶋の攻撃の方に説得力を感じた。
澤はランジェリームーヴからシャイニングを決めるもジャーマンに散る。
中嶋は随分と迫力出てきましたね!


第6試合
村上和成&臼田勝美&原学 vs TARU&近藤修司&“brother”YASSHI
VMの入場、マイクにBMLのファンたちは血相を変えて心のそこから罵声を浴びせる。
何か昭和のプロレス会場に戻った錯覚がした。
VMはいつも通りの戦いだがこの会場に受けいる人間は少ない。
原が捕まり、やっと逃れ村上にタッチするも、登場時間が短く観客のフラストレーションは溜まる。
両軍上手く噛み合ってない印象。
何回やっても無理じゃないかな?


メインイベント
柴田勝頼 vs 佐々木健介
柴田の入場口に旗がいくつも立てられるも、柴田はわざとか違う方向から入場。
柴田のエルボー、キックと健介のチョップ、ラリアットが交差する。
健介は頭突きまで繰り出す。
ゴツゴツした打ち合いはど迫力。
何度となく健介が打ち負かすもそれにくらいついていく柴田。
結果から言うと健介の圧倒的勝利だが、柴田の打たれ強さには目を見張るものがあった。
一貫しての表情も良い。表情で弱音を吐かない。
柴田と棚橋、どちらに感情移入出来るか問われたら、圧倒的に柴田であろう。
勝ち負けにこだわって欲しい部分もあるだろうが、俺は今の戦い振りで満足している。


興行自体ごった煮感覚でまとまりが無かったが、面白く観戦できた。
ただゲストに頼らざる得ないのは弱い所。
強味は柴田と村上についている熱狂的ファン。
ここまで熱くなれる会場って今無いもんな・・・


人気blogランキング
にほんブログ村 プロレスブログ

明日はこの後行われた新日本の観戦記ですよ!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :BIG MOUTH LOUD トラックバック(0) コメント(14)

12/29 ビッグマウスラウド後楽園ホール観戦記

 2005-12-29
来ちゃいました、後楽園ホール!
家にいるよりここにいるほうが多いんじゃないか?

当日券売り出す前に5階の事務所で無事チケットゲットしました。
1階で一服していると、ランジェリー武藤の中の人とすれ違い、なぜかガン飛ばされてしまった・・(苦笑)今日出るのかな?

本日は南側後ろの方から観戦です。
チケット売り切れになってました。
パイプ椅子もフルに設置されているし札止めつきそう。
客層はむさ苦しい(俺もか‥)野郎共ばかり。やはりハッスルとは違うな。
しかし試合開始時には超満員に。バルコニーや南側の上の立ち見もたくさんいました。


第1試合
木戸修 vs ドン荒川
昔の新日を知る人にはたまらない試合。荒川は相変わらず良い体してる。木戸はちょっと衰えたかな。
最後はあっけなく木戸クラッチ。
この日流れてた昭和チックな木戸の入場曲が頭にこびりついて離れない‥


第2試合
原学 vs 澤宗紀
この人たちの試合は初見なのですが、プロレスとUの間っていう戦いでなかなか面白かった。


第3試合
臼田勝美 vs 栗栖正伸
臼田はいつの間にかビッグマウス所属になってたんですね。
栗栖の椅子攻撃に苦戦するも、逆転のスリーパーで臼田勝利。
スリーパーに落ちた栗栖でしたが、セコンドが介抱にこないので業を煮やしたのかひとりでスクスクと帰っていったのは笑えた。


第4試合
真霜、KAZMA vs 石川雄規、伊藤博之
K-DOJOでは敵なしの真霜組ですが、石川相手にどう戦うか注目してました。
普段通りに堂々として戦ってました。ふたりとも迫力が出てきて好印象!もうどこに行っても通用しますね。


第5試合
藤原喜明 vs X
Xは斎藤彰俊、レェフリーは山本小鉄。
ちょっとお笑い入った試合。フィニッシュの反則裁定には観客から失笑が‥


そして30分を超える休憩時間に突入‥
それにしても長い休憩時間だった。長かった原因はプレゼント抽選会。試合前にやればよいのに‥
物じゃお客さん釣れませんぜ…


第6試合
AJスタイルズ vs P・ウィリアムス
もっと派手で雑な試合になると思ってましたが、意外と丁寧に技を仕掛けてました。出す技に意外性があって展開が読めない。最後はあっけなく終わりましたが。
ただ突然外人同志の試合組まれても感情移入できませんよ。大体ビッグマウスでやる必要性はありませんな。


第7試合
村上和成 vs エンセン井上
なんちゃってバリートゥードと言う展開。半分以上は場外で戦ってました。
村上が勝ったのですが何とエンセンと握手、抱擁!ひとつの戦いに終止符が‥
う~ん、どうなんだろ?と思いましたがエンセンとばかりやっててもしょうがないもんね。


メインイベント
小島聡 vs 柴田勝頼
今日の小島はシリアスモード。
柴田はいつものように殺気がある。
柴田の厳しい攻撃にもたじろがない小島。
柴田の攻撃に精彩を欠いたような感じがした。
最後は小島の渾身のラリアート。
小島は三冠王者の貫禄を見せてくれました。
しかし柴田負けすぎだな‥


そういえば前田の登場なんてもんもありましたね。前田の目に小島がどう映ったかも気になるな。

これが今年最後のプロレス観戦です。つたない観戦記(というより独り言か)読んでいただき有難う御座いました。
来年は1/2全日本後楽園からスタートします。では皆さん良いお年を・・・







人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :BIG MOUTH LOUD トラックバック(0) コメント(2)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。