Top Page > 全日本プロレス

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『2011 プロレス LOVE in 両国 Vol.11』観戦記

 2011-03-22
~東北地方太平洋沖地震チャリティー大会~ 『2011 プロレス LOVE in 両国 Vol.11』

昨日行われた全日本プロレス両国大会の感想。久しぶりの全日観戦。

開場直後に国技館前に到着。入場の列は長く、当日券を求める人も多かった。
もしかしたらそこそこ入るのでは?と思ったが、やはり苦戦。最終的には4~5割程。
ロビーはエアコンが効いていたが場内は止められている。
枡席が全て設置されている配置。暗幕は無しで2階席は全て開放。購入した席から出口に近い席に移動。地震対策と言うわけではなくビール購入のため。
少々押して試合開始。まずは震災にあった方々への黙祷。

VMタイム。ヤッシーが登場に沸く。
試合開始。ある方がTwitterで「避難案内のアナウンスが無い」と指摘されていた。自分は気にしなかったけどやはり必要だった。初めて来る人も多かっただろうし余震があるかもしれない状況。この時期の開催だからこそ必要であった。
会場内全体に薄暗い照明。ヴィジョンは無し。子供の頃に蔵前で見た情景。
試合が始まる。客席も盛り上げて行こうと声援を送る。雰囲気が良い。
試合もテンポよく進む。
ベイダーの登場でさらに盛り上がる。
圧巻だったのは大日勢が挑戦したアジアタッグ。力と力のぶつかり合い、30分を超えるも全く飽きさせない。客席もヒートしていくのがわかった。
ゼロワンのリングで対戦表明した武藤。厳しい攻めはそれほど見せない。橋本を生かす展開。
休憩。喫煙所で外を眺めていたら開場を後にする関本と岡林の姿が。分厚い身体の二人が半袖にキャリーバッグを引き颯爽と去る。その後ろ姿が格好良かった。
船木と新日勢のタッグ。大歓声で迎えられたが試合はスイングしない。盛り上がりに欠けたままアッサリ終わる。試合後の乱闘は二階後方にはあまり伝わらなかった。
世界ジュニアは緊迫感の伝わる展開。スタイルの違う2人の闘いに引き込まれる。
盛り返した感で迎えたセミの世界タッグ戦。単発の大技に歓声は上がる。しかし各選手の間の悪さからか試合の面白味が持続しない。場内の緊張感が緩み始めた頃にフィニッシュ。声援は多かったがまたも期待に応えられない大森。歯痒い試合だった。
メインの諏訪間vsKENSO。静かな展開を固唾をのんで見守る。どんな試合を見せてくれるのか期待が高まる。しかし独特なスタイルを貫くKENSO。諏訪間は自分の展開に持ち込めない。多少の見せ場はあった物の大きな大会のメインらしからぬ試合。業を煮やした観客から辛辣な野次が飛び交い始めた。場内のテンションが下がって行く。力でねじ伏せようとする諏訪間。それを耐えるKENSO。しかしラストライドで終了。ゴングと共に客が帰路につき始めた。時期的状況もあったのだろうが、それだけでは無いであろう。何とも後味の悪い試合だった。
試合後、チャンカンに出場する選手がアピール。永田の参戦表明に大きな声援が。それを上回る歓声を浴びたのが、リングアナによる代読の秋山参戦アピール。

この時期に敢えて行われた大会。沈んだムードを吹き飛ばす興行を期待したけど…。個人的には大はずれだった。最近は観戦回数が減っているが、こんな凡興行は久しぶりに見たような。観戦の余韻に浸る事が出来なかった。
ベストはアジアタッグ。
チャンカンに期待しよう。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)

6/21 全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2009-06-23
全日本プロレス「CROSS OVER’09」開幕戦
6月21日(日) 東京・後楽園ホール 観衆:1650人

結果はスポナビより。
引退目前の荒谷が小島に惜敗=全日本プロレス(スポーツナビ)

カードのせいか入りは今ひとつ。
まずは三沢光晴選手追悼セレモニー。VMも含め参加全選手がリングの周りや通路に。
元所属選手だったこともあってか長めのセレモニー。

<第1試合 シングルマッチ>
●ブラッド・マーティン
(7分51秒 スーパーフィッシャーマンズバスター→体固め)
○歳三
それほどヒール色の強くない歳三。ブラッド・マーティンは良いとこなく敗れる。

<第2試合 6人タッグマッチ>
西村 修、●近藤修司、浜 亮太
(12分30秒 FIREBALLスプラッシュ→片エビ固め)
TARU、○稔、ヘイト
浜は暫く見ないうちに更に大きくなってるような気がする。近藤は良いとこなく敗れる。
6.21 014
6.21 014 posted by (C)マシンガン

<第3試合 シングルマッチ>
●ゾディアック
(8分50秒 ジャックナイフ式エビ固め)
○ジョー・ドーリング
同門対決でもって外国人選手同士の対決。2試合目で盛り上がってきた雰囲気がちょっと下がる。
6.21 022
6.21 022 posted by (C)マシンガン

<第4試合 タッグマッチ>
○真田聖也、征矢 学
(16分10秒 タイガースープレックスホールド)
KAI、●大和ヒロシ
悪い試合じゃないのだけど、盛り上がりに欠けた試合。この辺りの選手で沸かせないとまずいのでは?
6.21 030
6.21 030 posted by (C)マシンガン

<第5試合 タッグマッチ>
カズ・ハヤシ、●フィル・アトラス
(15分06秒 垂直落下式正田落とし→片エビ固め)
NOSAWA論外、○MAZADA
連係の不味さもありフィル・アトラスが負け。MAZADAの良さが目立った。
6.21 033
6.21 033 posted by (C)マシンガン

<第6試合 6人タッグマッチ>
武藤敬司、○諏訪魔、河野真幸
(20分58秒 ジャーマンスープレックスホールド)
太陽ケア、鈴木みのる、●高山善廣
河野は上背もあり見栄えするが、動きがぎこちない。まぁみのるや高山に動じることなく向かっていく様は素晴らしい。
高山は全く良いとこなし。最後もあっさり負ける。
良いとこなしな選手多いな・・。
6.21 037
6.21 037 posted by (C)マシンガン

<第7試合 シングルマッチ>
○小島 聡
(18分40秒 ウエスタンラリアット→体固め)
●荒谷望誉
荒谷に対し夥しい数の紙テープが舞う。
セコンドに所属選手全員が出てくる。武藤の介入も多少あったが、真正面から戦う荒谷は防戦一方。
が、浣腸攻撃から反撃に転じラリアット、ニールキック、ムーンサルトで後一歩まで追い込む。
まだまだ出来るといった感じ。引退は勿体無いような。惜しまれて辞めるうちが華なのかも知れないけど。
6.21 064
6.21 064 posted by (C)マシンガン
6.21 069
6.21 069 posted by (C)マシンガン

正直メイン以外はあまり印象に残ってません・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(1) コメント(0)

6/22 全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2008-06-23
6月22日(日) 全日本プロレス「CROSS OVER'08」
東京・後楽園ホール 観衆1700人

11時半頃にホールへ。この時点でチケットは全席売られていた。
会場に入ると人はまばら。最終的に7割位は埋まった。
試合前にグレート草津さんの追悼セレモニー。全日本での活躍(オープンタッグ出場)が紹介された。所属選手がリングを囲み10ゴング。

第1試合
○真田聖也
(11分7秒 ドラゴンスープレックス→片エビ固め)
×起田高志
起田はがっちりとした体型。繰り出す技は少ないが迫力があった。ルックスも良く将来楽しみ。
試合は真田が終始リード。ジャーマンは返されたがドラゴンで仕留める。両方の技ともホールドせず投げた後にフォールに入った。

第2試合
○荒谷望誉、平井伸和
(10分18秒 アルゼンチンバックブリーカー)
×NOSAWA論外、TAKEMURA
試合前に荒谷と中西の対戦経緯の紹介映像が流れる。
荒谷が捕まりお笑いモードの試合へ。
荒谷は反撃に転じると中西を真似た野人アピールをする。最後は論外を担ぎ上げタップを奪う。場内に流れる映画「ロッキー」のテーマ曲。

第3試合
カズ・ハヤシ、○T28
(11分40秒 片エビ固め)
×KAI、アントニオ・トーマス
トーマスは派手にアピールをしながら入場。それにつられるKAI。
トーマスは試合でもオーバーアクション。このままこのキャラで行くのだろうか。
622全日本 001
622全日本 001 posted by (C)マシンガン

第4試合
×征矢学
(2分58秒 片エビ固め)
○レネ・デュプリ
TARUが先導してデュプリ登場。全く無駄な脂肪のない筋肉だらけの身体。ちょっとグロテスクにまで見えてしまった。
ヒール的動きを全くみせずにフライングボディプレスで勝利。フライングボディプレスの跳躍力は素晴らしかったが呆気なく終った感があり、客席の
反応は鈍かった。
622全日本 003
622全日本 003 posted by (C)マシンガン

第5試合
○佐々木健介、渕正信、中嶋勝彦
(15分9秒 体固め)
TARU、近藤修司、דbrother”YASSHI
健介がトヨタのCMに出ていることに茶々をいれるTARU。
渕の加入もあってか笑いがまざるほのぼのとした展開に。
渕は息も絶え絶えながら奮闘。
最後は健介がラリアットでヤッシーからピン。
622全日本 005
622全日本 005 posted by (C)マシンガン

第6試合
武藤敬司、ジョー・ドーリング、○雷陣明
(21分46秒 片エビ固め)
太陽ケア、鈴木みのる、×MAZADA
雷陣1年ぶりの凱旋試合。雷陣は大分スリムになって登場。ジュニアっぽい速い展開を見せるがこれといったインパクトは残せず
武藤のドラゴンスクリューでみのるが足を痛める。試合後も論外、竹村の助けを借りて退場。
ケアとドーリングが意識しあい必要以上にやりあっていた。試合後には南客席に雪崩れ込み乱闘。
雷陣が武藤、ドーリングvsみのる、ケアのやりとりに埋もれてしまった。
622全日本 007
622全日本 007 posted by (C)マシンガン
622全日本 014
622全日本 014 posted by (C)マシンガン

第7試合
×諏訪魔、土方隆司
(19分48秒 逆さ押さえ込み)
○西村修、エル・サムライ
グラウンドの展開でスタート。試合は淡々と進む。
敵対心剥き出しな攻防も無く、ただ時間だけが過ぎていった感じ。
この日一番盛り上がらなかった試合かも・・。
622全日本 016
622全日本 016 posted by (C)マシンガン

セミまでは良い流れでしたがメインがいまひとつ。
場内もあまり盛り上がらず寂しい雰囲気だった。良くも悪くも開幕戦といった感じの興行。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(1)

全日本プロレス速報~後半戦

 2008-06-22
第5試合
佐々木健介&渕正信&中嶋勝彦 vs TARU&近藤修司&“brother”YASSHI
健介への声援が大きい。
TARUのマイクからVW襲撃でスタート。
ヤッシーが捕まる。
どちらかというとホノボノとしたお笑い試合。
主役は淵でした。
ラストは健介がヤッシーからピン。

第6試合 雷陣明 凱旋帰国試合
武藤敬司&ジョー・ドーリング&雷陣明 vs 太陽ケア&鈴木みのる&MAZADA
雷陣はスリムになって登場。動きは良いがこれといった特徴はない。
武藤のドラゴンスクリューでみのるが足を痛める。
ケアとドーリングが意識しあい必要以上にやりあう。
最後は雷陣が正田からピン。

第7試合 3冠&世界ジュニア ダブル前哨戦
諏訪魔&土方隆司 vs 西村修&エル・サムライ

試合は静かに始まる。リングを見つめる客席もシーンとしている。
西村捕まり気味で進む。サムライと土方は脇役といった様相。
諏訪魔攻め立てるも最後は西村の逆さ押さえ込みに負け。
メインが弱かったか…

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)

全日本プロレス速報~前半戦

 2008-06-22
試合前にグレート草津さんの追悼セレモニー。
所属選手がリングを囲み10ゴング。

第1試合
真田聖也 vs 起田高志
真田が終始リード。最後はドラゴンで勝ち。ホールド出来ないのは腰が悪いせい?

第2試合
荒谷望誉&平井伸和 vs NOSAWA論外&TAKEMURA
荒谷がつかまる。息上がる荒谷だが、中西ムーヴを繰り出し論外にアルゼンチンでタップ勝ち。

第3試合
カズ・ハヤシ&T28 vs KAI&アントニオ・トーマス
アントニオは良い身体つき。しかしオーバーアクション気味で場内から笑いが。
試合はT28がスプラッシュ技でKAIから勝ち。

第4試合
征矢学 vs レネ・デュプリ
TARUが先導してデュプリ登場。全く無駄な脂肪のない筋肉だらけの身体。
ヒール的動きを全くみせずにフライングボディプレスで勝利。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)

全日本プロレス後楽園大会に来てますよ!

 2008-06-22
20080622115903
今のところ6割ほどの入り。
立ち見は結構いますけどね。
簡単に速報しますのでよろしくお願いします!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)

川田、健介と組んで最強タッグに参戦! 

 2007-10-31
全日最強タッグの健介のパートナーXが発表。

健介のパートナーは川田! 「最強タッグ」優勝へ強力チームが誕生=全日本プロレス(スポーツナビ)

11月23日の東京・後楽園ホール大会から開幕する全日本プロレス年末恒例の「2007世界最強タッグ決定リーグ戦」に関する会見が31日に行われ、Xとなっていた佐々木健介のパートナーとして川田利明が決定した。
全日本プロレス「2007世界最強タッグ決定リーグ戦」出場チーム

・武藤敬司(7年連続7度目)&ジョー・ドーリング(初出場)
・西村 修(3年ぶり2度目)&渕 正信(7年ぶり3度目)
・太陽ケア(4年連続7度目)&ハワイアン・ライオン(初出場)
・佐々木健介(2年ぶり3度目)&川田利明(2年連続17度目)
・アブドーラ・ザ・ブッチャー(12年ぶり11度目)&鈴木みのる(2年連続2度目)
・荒谷望誉(3年ぶり5度目)&大鷲 透(初出場)
・小島 聡(6年連続6度目)&諏訪魔(4年連続4度目)
・TARU(2年ぶり2度目)&ゾディアック(初出場)


健介のパートナーは山口かと思っていたが川田だったのか。
川田の加入により豪華になったような気はする。
世界最強ッぽくは無いけどねぇ。
優勝候補は武藤&ジョー、健介&川田、小島&諏訪魔あたりかな?
ヒール転向が失敗気味の小島と、今年あまり日の目を見ない諏訪魔に注目。
俺の優勝予想は小島&諏訪魔。
開幕戦は観戦するかもです。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。