Top Page > KAIENTAI DOJO

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

いつ以来の更新だろうか?本日はK-DOJO後楽園大会に来てます

 2010-10-17
久しぶりにK-DOJOを見たくなったので後楽園ホールへ。
当日券売り場に行くと南の通路側が売り切れとのこと。ま、諸般の事情で売り出してないんだろうな。

開始5分前ガラガラです‥

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(0)

明日は大石真翔&旭志織自主興行を観戦、速報します!

 2010-02-15
明日(16日)は大石真翔&旭志織自主興行~大石・旭のRAN~を観戦、簡単に速報します。
夕方までノーマークでしたが某氏のmixi日記に触発され急遽観戦することになりました。せっかくなので速報しようかなと。

大石真翔&旭志織自主興行~大石・旭のRAN~(KAIENTAI DOJOオフィシャル)

【大会名】大石真翔&旭志織自主興行~大石・旭のRAN~
【日程】2月16日(火)【開場】18:30【試合開始】19:00
【場所】東京・新木場1stRING(〒136-0082 東京都江東区新木場1-6-24)
《タッグマッチ》
大石真翔、旭志織 vs 飯伏幸太(DDT)、円華(フリー)
《シングルマッチ》
バンビ vs 藤田ミノル(ZERO1)
《シングルマッチ》
谷嵜なおき(DRAGON GATE) vs 忍(666)
《タッグマッチ》
火野裕士、関根龍一 vs ヤスウラノ(DDT)、高尾蒼馬(DDT)
《シングルマッチ》
真霜拳號 vs 矢野啓太(バトラーツ)


ま、正直言うと飯伏の試合を近くで見たかったと。前回観戦したとき(新日ディファ)消化不良だったもんで。あっ、バンビも見たかった・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(1)

6/9 K-DOJO後楽園大会観戦記

 2009-06-10
2009年6月9日(火)CLUB-K SUPER take
後楽園ホール 観衆830人 18:30~
久しぶりのプロレス観戦はKAIENTAI-DOJOへ。

当日渡しの受付が混雑していたため第1試合には間に合わず・・・。

第2試合 [6人タッグマッチ/30分一本勝負]
○火野裕士&稲松三郎&バンビ
     vs
滝澤大志&●ランディ拓也&ヒロ・トウナイ
(12分20秒 パワーボム→体固め)
バンビが出てくるとなんか試合のリズムが遅くなる。でも好きだ。
6.9 005
6.9 005 posted by (C)マシンガン

第三試合 [KAIENTAI DOJO認定WEWハードコアタッグ選手権3WAYマッチ/60分一本勝負]
《王者》○バラモンシュウ&バラモンケイ
     vs
《挑戦者》JOE&Quiet storm
       vs
《挑戦者》柏大五郎&●PSYCHO
(15分06秒 ゾンビキング→片エビ固め)
バラモン兄弟の蟲攻撃は無し。K-DOJO仕様のハードコアマッチ。場外戦が多かったせいもあり盛り上がる。バラモンの印象しか残っていない。それもおとなしめで物足りなかったけど。
試合後大石の欠場挨拶。休憩へ。
6.9 008
6.9 008 posted by (C)マシンガン

第四試合 [タッグマッチ/30分一本勝負]
YOSHIYA&○GENTARO vs ●旭志織&谷嵜なおき
(19分30秒 ダイビングエルボードロップ→片エビ固め)
大石の代打に谷嵜。きっちり仕事を見せ付ける。タッグワークもそつなくこなす。
旭もGENTAROへのサソリなど意地を見せる。
技を受けても余裕が感じられるGENTARO。最後もきっちり決める。
6.9 015
6.9 015 posted by (C)マシンガン

第五試合 [6人タッグマッチ/30分一本勝負]
鈴木みのる&NOSAWA論外&○MAZADA
     vs
真霜拳號&KAZMA&●梶ヤマト
(22分18秒 正田落し→体固め)
カードを見ると梶ヤマトが何枚か落ちるなぁと思っていたが、物怖じせず健闘。
最近パッとしなかったKAZMAは鈴木みのるにも力負けしていない。
真霜とみのるがやりあう場面が多し。8/9千葉ポートアリーナで2人のシングルが決定。これは見たい。
6.9 025
6.9 025 posted by (C)マシンガン

第六試合 [CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合/60分一本勝負]
《王者》○TAKAみちのく vs 《挑戦者》●ザ・グレート・サスケ
(22分52秒 みちのくドライバーII→片エビ固め)
※第8代王者TAKAみちのくが2度目の防衛に成功
久しぶりに真面目にプロレスをするサスケを見た。レフェリーはテッド田辺。みちのくのレフェリーシャツを着用。
序盤はグラウンドでの攻防。サスケのトペから試合が動く。その後場外への技を打ち合う2人。
最後はスーパーKからみちのくドライバーⅡでTAKAの勝利。22分があっという間だった。
6.9 028
6.9 028 posted by (C)マシンガン

前半はのれなかったが、後半3試合はどれも良かった。KAZMAの復調は嬉しい。みのると五分に渡り合う真霜は頼もしい。メインは期待を超える好勝負。いい興行でした。
平日は19時開始にしてくれないかなぁ・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(2)

K-DOJO千葉ポートアリーナ大会のチケットが完売

 2008-08-06
今週8月9日の土曜日に行われるK-DOJO千葉ポートアリーナ大会のチケットが完売。
今回の大会はサブアリーナ使用。

8月9日(土) 千葉発見伝!温故千新 ~ファイト!ファイト!千葉!~ 情報!(KAIENTAI DOJO公式サイト)

チケットは完売の為、立ち見券¥2,500が急遽発売決定!(当日のみ)

【大会名】SUPER BIG SHOW 千葉発見伝!温故千新 ~ファイト!ファイト!千葉!~
【日程】8月9日(土)【開場】17:30【試合開始】18:30
※ダークマッチは18:15より開始予定です。
【場所】千葉ポートアリーナ・サブアリーナ(〒260-0025 千葉市中央区問屋町1-20)
【チケット料金】SRS¥7,000/RS¥5,000/指定席¥4,000/自由席¥3,000/小中高生 ¥1,000/※椅子席前売券は完売致しました。
当日立ち見券¥2,500


観戦予定ですがチケット買ってなかった・・。久しぶりの立ち見観戦。まぁこの施設酒飲めなそうだしたまにはいいだろう。
この千葉ポートアリーナ・サブアリーナはどのくらいの収容人数なのだろうか?
延床面積が769.6㎡。延床面積とは建築物の各階の床面積の合計のこと。といってもよくわからん。固定観客席は無くフラットみたい。普通の体育館な感じか。桂スタジオの利用可能面積が765㎡なので同じ位の広さかな?
去年の7月にノアが、今年の1月にZAERO1-MAXが同所を使用。両団体とも平日に1400人を集めたらしい。本当かよ!後楽園だってこんなに入らないときが多々あるのに(笑)。

この大会行かないで後悔より行って後悔さんが速報します。関係ないけど、最近行って後悔するより行かないで後悔した方が良い気がする・・。
俺は後日に観戦記と会場のレポを書く予定。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(0)

6/15 K-DOJO長野大会観戦記

 2008-06-17
6月15日(日) KAIENTAI DOJO「CLUB-K TOUR in NAGANO」
信州プロレスアリーナ 観衆72人

会場の信州プロレスアリーナには開始20分ほど前に到着。その時点で人はまばら。
ビールを買って場内へ。
徐々に埋まっていく客席。前日とは違い家族連れが少なく女性客が多い。どうやら東京方面から来ているお客さんみたい。
開始時間の15時ピッタリに始まる。まずは味方アナの前口上。すべるかと思っていたが予想以上に盛り上がる。
まずは信州プロレス提供試合が2試合行われた。レフェリーは前田明日。

信州プロレス提供試合第1試合
戸倉馬之助、×ザビエル101、パワーオリャー
(11分11秒 セカンドフライ)
信州タイガーアロー、○セカンド篠塚、しこなかちろう
グレート☆無茶と信プロリングアナの前説は結構うけていた。
入口からこの試合を見る柏。初めは深刻な顔で見ていたが途中でクスクス笑ってましたよ。
場内の反応も良かった。

信州プロレス提供試合第2試合
TAKAみちのく、グレート☆無茶
(?)
チャールズ今井、BAKAみちのく
TAKAはパチンコで確変中だということでグレート☆無茶が二人を相手にする。
チャールズ今井は覆面被って違うキャラで登場(名前失念・・)。BAKAみちのくはTAKAのコスチュームを履いて登場。
無茶のピンチにTAKA登場。TAKAみちのくの試合を裁く前田氏が羨ましい。
誰が誰からピンとったかの記憶が御座いません・・。
グレート☆無茶が〆てこれからが本興行。
6
6 posted by (C)マシンガン

第1試合
○滝澤大志
(7分58秒 ダブルチョップ→片エビ固め)
×ヒロ・トウナイ
滝澤は小橋に似てきたような。基本的な技にも迫力あり。


第2試合
○柏大五郎、石坂鉄平
(11分18秒 まっぷたつ→キブアップ)
山縣優、×関根龍一
まずはKASHIWA DOJOがリングに上がり見得を切る。
欠場のアップルの代わりに関根。関根は打撃に迫力あり将来が楽しみ。
鉄平の生尻等ありの場内大盛り上がり。

第3試合
○MIYAWAKI
(10分43秒 デスペナルティ→片エビ固め)
×梶ヤマト
梶の動きの良さが目立つ。地元客の反応も良い。
MIYAWAKIはわかりやすいヒールスタイル。狭い場外を駆使した攻撃に驚く客席。
6
6 posted by (C)マシンガン
この試合後に休憩。休憩明けにリングへ上がるアップルみゆき。
松葉杖をつきながらリングイン。欠場の挨拶と発売未定のデビュー曲を披露。ひと際高い声援が上がった。
6
6 posted by (C)マシンガン

第4試合
TAKAみちのく、○JOE
(16分34秒 スーパーポンプキック→片エビ固め)
●PSYCHO、稲松三郎
PSYCHO、稲松組が押す展開。全く力負けしていない。
JOEは控えめにハンサムポーズ。
6
6 posted by (C)マシンガン

第5試合
○真霜拳號、円華、房総ボーイ雷斗
(19分10秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め)
火野裕士、KAZMA、×大石真翔
この面子がリングに上がると一挙に華やかに。
大石の小賢しいヒールスタイルに観客大受け。雷斗の反則攻撃にも場内爆笑。
狭いのにド迫力の場外乱闘を繰り広げる両軍。
リング間近で見る真霜と火野、KAZMAの攻防に圧倒されてしまった。
リングと客席が人一人やっと通れる所に飛んでくる円華と雷斗。こんなに近くでプランチャ見たの初めてだわ!
試合後雷斗がマイクを握る。その後に真霜も大人しめなアピール。試合中も後も真霜の表情が生き生きとしていた。エースの風格出てきたなぁ。試合後の爽やかな笑顔はこの二日間でもっとも印象に残った。
6
6 posted by (C)マシンガン
6
6 posted by (C)マシンガン

客入りが思ってたほど良くなくて、選手のモチベーション下がるかな?と思って見てましたが、どの試合も全力を尽くした戦いで圧倒されました。どの試合も良かったのですが特に後ろ2試合は素晴らしかった。
K-DOJOを初めて見るお客さんが多数なのに滅茶苦茶盛り上がった。何人かの常連ファンのテープや声援もその一役を買ったと感じました。久しぶりに明るく激しく楽しいプロレスを観戦出来たかなと・・。
K-DOJOは7月に上田市、9月に松本市で興行をする予定とのこと。すぐに満員の興行は難しいでしょうが今回の大会は良い足がかりになったはず。文句なしの素晴らしい興行でした!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(2)

4/13 K-DOJO後楽園大会観戦記

 2008-04-17
KAIENTAI DOJO「CLUB-K SUPER ev.7」
後楽園ホール 観衆1113人

開始20分ほど前にホールに着く。ロビーが混雑している。K-DOJOでは久しく見てない光景。
席に行くと北ステージまで設置されていた。
DDTよりやや大目の客入り。

第1試合
○旭志織、大石真翔、バンビ
(6分18秒 裏レッグスプレット→ギブアップ)        
●川嵜風馬、美月凛音、椿志保
バンビの復帰戦。バンビは全体的にふっくらした感じ。胸元が強調されたコスにそそられる。
椿志保と川嵜風馬は初めて見た。椿志保はバンビより若々しい。
Ωが試合の主導権を握る。バンビは試合内容でもコーナーでの佇まいでも、ふてぶてしい感じが素晴らしい。
っつうかバンビばっか見てました・・。
2008_0413画像0324
2008_0413画像0324 posted by (C)マシンガン

第2試合
○山縣優
(8分31秒 溺遭→片エビ固め)
●植松寿絵
オーソドックスでもないが女子プロ的な展開。
これから盛り上がるかな?といったところで山縣がピン。あっけなかったが結果の意外性からか場内は沸いた。

第3試合
十嶋くにお、Mr.X、○PSYCHO、稲松三郎
(11分26秒 ハイフライバム→片エビ固め)
●NOSAWA論外、MAZADA、TAKEMURA、マグニチュード東京
圧倒的に愚連隊が押す。PSYCHOが捕まる。
所々反撃する牙騎鱗。しかしどう見ても愚連隊の連係が良くペースを返せない。
が、分断された愚連隊の隙をついたPSYCHOが論外にハイフライバムを決め勝利。この瞬間場内から大歓声。
俺もこの結果にはビックリ。

第4試合 KAIENTAI DOJO認定WEWハードコアロイヤルランブル
旭志織、●大石真翔
石坂鉄平、Quiet storm
佐野直、田村和宏
梶ヤマト、滝澤大志
KAZMA、MIYAWAKI
安沢たく、ヒロ・トウナイ
○YOSHIYA、アップルみゆき
(13分56秒 アンダー・ザ・マウンテン→エビ固め)
梶ヤマト、滝澤大志組は入場早々敗退。もうちょっと見たかった。
2組いるΩがペースを握る。
最後に入場したアップルの連れて来たパートナーXはYOSHIYA。この意外性に場内大沸き。
客席を味方につけたYOSHIYA、アップルが勢いに乗り勝利。

第5試合 大阪プロレス選手権試合
○タイガースマスク(王者)
(11分33秒 変形タイガーススープレックスホールド)
●柏大五郎(挑戦者)
タイガースマスクは良い印象しかない選手だった。しかしこの試合は凡戦。
場内も盛り上がらない。この二人で選手権試合を行う意味が希薄だったのだろうか?
フィニィシュの決まり具合もイマイチだった。

第6試合 STRONGEST-K TAG選手権試合
○TAKAみちのく、JOE(王者組)
(17分11秒 ヘビーキラー1号)
●円華、房総ボーイ雷斗(挑戦者組)
この日はサプライズが多いのでこの試合ももしや?と思った。
しかし王者組からは余裕しか感じられない。技を掛けられていても。
円華には内容より結果を重視して欲しいなと。

第7試合 CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合
●真霜拳號(王者)
(23分57秒 ジャーマンスープレックスホールド)
○火野裕士(挑戦者)
この試合だけバルコニーから見てみた。
セコンドのΩが介入し火野のペース。
真霜も打撃や関節で対抗するが火野の力技に押される。
両者ダウンの後真霜は真剣を繰り出すが最後はグリップされたジャーマンに散る。
序盤から展開が早くK-DOJOらしからぬメインだったが好試合だった。この日のベスト。
2008_0413画像0375
2008_0413画像0375 posted by (C)マシンガン

久しぶりのK-DOJO後楽園でした。純血興行より試合への集中力が増したかな。純血だと結果より内容に目が行き勝ちになるけど、外敵と戦うと結果も重視する。
試合カードのバランスが良かった感じ。満足できた興行でしたよ!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

4/13 K-DOJO後楽園大会観戦記 の続きを読む

カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(4)

12/1 KAIENTAI DOJO新宿フェイス大会観戦記

 2007-12-04
12月1日(土) KAIENTAI DOJO 「CLUB-K SUPER overthrow」
東京・新宿FACE 観衆514人(超満員札止め) 18:30~

公式から結果をコピペしつつ。
サブナードに繋がっている飲み屋で軽く時間を潰す。
17時半を過ぎたので会場へ。
ヒューマックスのビルに近づくと並びの映画館方向へ長蛇の列。
仕方なくそこに並ぶも一向に列は動かない。
6時を過ぎたあたりから徐々に歩がエレベーターへと進む。
会場に入ると人はまばら。リングの上ではダークマッチが行われていた。
ドリンクチケットをビールに引き換え喫煙所へ。
自分の席に着いたと同時にセミで行われるIWGPジュニアタッグの調印式が始まった。

・第1試合 [6人タッグマッチ20分1本勝負]
山縣優&梶ヤマト&○滝澤大志
      vs
MIYAWAKI&●大石真翔&谷嵜なおき
(5分58秒 ダブルチョップ→エビ固め)
場内は埋まりつつも来場者の移動は絶えない。
滝澤と梶に山縣。圧倒的に不利に思われたチーム。
序盤こそ押されるもあっさりと格下の滝澤が大石をフォール。
思わず身を乗り出してしまった。

・第2試合 [ハンディキャップマッチ]
[1]○房総ボーイ雷斗 vs ●柏大五郎&アップルみゆき&石坂鉄平
(0分51秒 オーバーザトップロープ)
[2]○房総ボーイ雷斗 vs 柏大五郎&●アップルみゆき&石坂鉄平
(2分10秒 バックスライド)
[3]○房総ボーイ雷斗 vs 柏大五郎&アップルみゆき&●石坂鉄平
(5分50秒 反則 ※石坂の凶器攻撃)
※3-0で雷斗の勝利
暫く見ないうちにアップルのコスが変わっていた。露出は少ない。
髪形もショートに。可愛い。
もう試合なんてどうだって良い。アップルだけを見ていよう!見つめていよう!
と思ったが試合が面白い。
圧倒的不利の雷斗が短時間に2選手を退場させる。
セコンドの介入もあり石坂が優位に立つも、雷斗に椅子を渡された石坂がレフェリーの目に付き反則負け。
汚いやり口に雷斗を叩きのめす。
が、雷斗は急所パンチで逃げる。

・第3試合 [6人タッグマッチ30分1本勝負]
十嶋くにお&○PSYCHO&稲松三郎
        vs
火野裕士&●旭志織&Mr.X
(9分09秒 GodTrap)
紆余曲折があった後Ω入りしたMr.X。
しかし最後にMr.Xのスノボー攻撃が旭に誤爆。旭の負け。
不穏な空気が流れ旭がなだめる。
が、Mr.XはΩを潰すと改めて裏切りを宣言。
セコンド陣を巻き込み8人タッグへ。

・特別試合 [8人タッグマッチ30分1本勝負]
○十嶋くにお&PSYCHO&稲松三郎&Mr.X
        vs
火野裕士&MIYAWAKI&●大石真翔&谷嵜なおき
(3分17秒 バックドロップ→片エビ固め)
十嶋と稲松の動きが良くあっさりΩを下す。

・第4試合 [シングルマッチ30分1本勝負]
△筑前りょう太 vs △KAZMA
(18分22秒 両者KO)
ここまで速い展開で興味を繋いだがこの試合はじっくりとした感じ。
ゴツゴツした闘いは迫力あり見応えあったが、最後の両者KOが消化不良。
お互いにもうちょっと出来るんじゃ?と思った。

・第5試合 [IWGPジュニアタッグ選手権試合60分1本勝負]
《王者組》○TAKAみちのく&ディック東郷
        vs
《挑戦者組》●円華&飯伏幸太
(21分48秒 みちのくドライバー2→体固め)
※王者組が3度目の防衛成功!
何度となく挑戦者チームが攻勢をかけるが、王者組に揺るぎはない。
全く持って危なっかしくないのである。
どんなにやられても飄々と返していく。負けそうな雰囲気は皆無だった。
1 003
1 003 posted by (C)マシンガン

・第6試合 [CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合60分1本勝負]
《王者》○真霜拳號 vs 《挑戦者》●JOE
(24分35秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め)
※王者が5度目の防衛成功!
結論を言うと前回の対戦の方が名勝負だった。
ラスト近くの真霜のラッシュとJOEの粘りは凄かったけど。

全体的には面白かったけど前半の疾走感と後半のじっくり見せる試合とのバランスが悪かったような。
KAIENTAIにしては興行時間が長くなったのが興味の持続が断ち切られたか原因かも。
開場の問題もあって落ち着けなかったし。やはり日曜以外は19時開始がベストでは?
途中のインフォメコーナーで発表された1/6後楽園大会のカードは豪華。
1月6日(日) CLUB-K SUPER kick 情報!(KAIENTAI DOJO公式サイト)
日曜夕方だし久しぶりに1000人以上埋まりそう。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :KAIENTAI DOJO トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。