Top Page > IWAジャパン

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

1/12 IWAジャパン新宿大会観戦記

 2009-01-13
IWAジャパン
1月12日(月祝) 新宿フェイス 観衆500人(超満員)

客数は7割位、前回より入っている。立ち見のお客さんがかなりいた。
週プロモバイル鈴木健編集長が取材に来ていた。この興行の注目度の高さがうかがえる
リングアナは田中秀和。まずは選手代表として松田慶三が年始の挨拶。抑揚の無い口調でちょっと淡白。

第一試合 
●西山秀紘 vs ○小部卓真
(9分20秒 片エビ固め)
試合は西山が押し気味に展開。最後はバックドロップを潰して逆転勝利の小部。先輩選手に勝利で多少どよめく場内。

第二試合 
○ウルトラセブン vs ●河童小僧
(7分33秒 キャメルクラッチ)
ウルトラセブンは痩せた為かタイツが緩い。それがまた哀愁をそそる。
1
1 posted by (C)マシンガン

第三試合 
○GOEMON vs ●TA☆KU
(11分3秒 片エビ固め)
技が軽い感じはするが飛び技を綺麗に決めるTA☆KU。どこの選手なんだろう?と思ったがイーグル出身なのね。終始余裕のあったGOEMONが難なく勝利。

第四試合 
○ジャガー横田、加藤まこと vs ●ラ・マルクリアーダ、神威
(15分18秒 エビ固め)
加藤が出ると試合がとまる。他の3選手の動きについていけてない。客席も静まる。
そんな状況を打開するのが横田。フィニッシュこそ呆気なかったが会場を盛り上げていた。
1
1 posted by (C)マシンガン

ここで休憩。声援の類からいうとプロレスファンが多い感じ。前回の興行と雰囲気が違う。グッズ売店も混雑していた。Iジャおばさんがいなかったせいか落ち着いて観戦できる。

第五試合 
●グレートタケル、矢野啓太 vs ○末吉利啓、竹田誠志
(18分21秒 片エビ固め)
声援が一番多かった試合。前半はオーソドックスな攻防。技を変わった入り方や決め方をする矢野に目を奪われる。
グレートタケルはカブキばりのアッパーカットを。終盤ペースを握った末吉、竹田組。ラストはリバースタイガードライバーで勝利。
タケルからフォールを奪った末吉はタイトル戦をアピール。
1
1 posted by (C)マシンガン

メインイベント(カベジェラ・コントラ・ケムクジャラ)
○松田慶三、維新力 vs ●ビッグフット、雪男
(9分15秒 片エビ固め)
維新力の髪の毛とビッグフットの獣毛が賭けられたカベジェラ・コントラ・ケムクジャラマッチ。毛を刈る人も紹介される。事前に完全決着ルールと発表されていたが、毛を切ることと完全決着はどう関係があるのであろうか?
ビッグフット、雪男は別々に入場。セコンドにハル・ミヤコ。UMAチームはコール時にはコーナーに登るサービスぶり。
ビッグフットに前回ほどの力強さが感じられない。一瞬の隙に見せる表情が弱々しい。
雪男の方は相変わらずの巧者ぶりを見せつけえる。腕の取り合いやにも順応。どちらかというと松田より動きが俊敏だ。館内の温度で弱りかけた雪男だったがハル・ミヤコの氷によって蘇生。ジャンピングニーやバックドロップみ見せつける。
ここまで見ると、UMA対人間の戦いではなく普通にプロレスじゃねぇか!という気もしないでもない。
1
1 posted by (C)マシンガン
1
1 posted by (C)マシンガン
最後は松田がミサイルキックからラリアットを決め勝利。ちょっと呆気ないフィニッシュ。
勝者の松田が毛剃りを迫る。が、ハル・ミヤコが断固拒否。不穏な空気が流れる場内(そうでもなかった)。ハル・ミヤコは代わりに自分の髪の毛をバッサリと切る。それを見て慌てる松田。自責の念に駆られたのかうなだれるビッグフットと雪男。
1
1 posted by (C)マシンガン
1
1 posted by (C)マシンガン

その後5月に15周年興行が行われることがアナウンスされる。

試合前と休憩時にハルミヤコがツーショット撮影を餌にIWA福袋を売っていた。売れ行きが芳しくなかったのか休憩時には客席まで出張販売に来ていた。福袋にはビッグフットのTシャツも入っている。ハルミヤコ&ビッグフットってIジャと敵対関係じゃないの?と思ったり。
試合は後ろ三つの印象しか残らなかった。松田慶三をUMA対決に使うのは勿体無いような気が・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :IWAジャパン トラックバック(0) コメント(2)

ビッグフットと雪男がタッグ結成

 2009-01-08
12日の月曜は高島平9丁目プロレスの他にも注目の試合があった。
松田慶三選手のブログより。

来週は、(☆☆☆慶三ROCK☆☆☆)

来週の月曜(12日・祝日)は『IWA新春新宿フェイス大会』が開催されますよ~(^O^)
夜6時半試合開始の俺の新年1発目の試合です(^^)
俺はメインイベントに維新力選手と組んで「怪獣軍団」のビッグフット&雪男と対戦予定。


ビッグフットと雪男がメインに登場。前回の新宿大会で戦っている最中に友情が芽生え、電撃合体したこの二人。二人って言い方はおかしいな。なんて書けばいいんだろ?
前回の観戦記→12/7 IWAジャパン新宿フェイス大会観戦記

正直ビッグフットと雪男は長時間戦えないと思うので、微妙な試合になる可能性も高い。前回もどちらかというと微妙だった。ま、そんな緩い空間もたまにはいいもんだ。突っ込みの勉強にもなりそうだし・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :IWAジャパン トラックバック(0) コメント(0)

12/7 IWAジャパン新宿フェイス大会観戦記

 2008-12-08
IWAジャパン
12月7日(日) 新宿フェイス 観衆400人(満員)

IWAジャパンは初めての観戦。
観客実数は最終的に5割くらい。グッズの売店は少なめで喫煙所へ移動しやすい。
客層は年配の方が多い。プロレスファンは少なめだったような。
10分遅れて試合開始。デジカメ忘れたので携帯写メです。

第1試合
○ヘルアントマシン2号 vs 小部卓真●
(8分24秒 片エビ固め)
ヘルアントマシンの古典的なヒール攻撃に防戦一方の小部。終盤やり返すも敗北。ヘルアントマシンは無言のアピールをしながら退場。1試合目からIジャおばさん全開。

第2試合
○ウルトラセブン vs GOEMON●
(9分51秒 メキシカンストレッチ)
ウルトラセブンは久しぶり。ちょっと痩せたような。GOEMONが技をすかしコミカルな展開に。ウルトラセブンのボディプレスに郷愁感が漂う。

第3試合
○武藤裕代、乱丸 vs ダンプ松本、サソリ●
(7分21秒 エビ固め)
ダンプ組に男性のセコンドがつく。試合にも介入。レフェリーのパンチョ軽部はダンプ組よりのレフェリング。高速カウントとか。ダンプ組は乱丸を捕まえ武藤にタッチをさせない。サソリがいつの間にか流血。昼間の興行で負った傷が開いたのだろうか?
最後はセコンドを蹴散らし武藤が勝利。試合後マイクを持つダンプ松本。引退を控えた武藤との最後の対戦とのことで、武藤へはなむけの言葉を贈る。涙を浮かべる武藤。
ここで休憩。

第4試合
維新力、○雪男 vs ビッグフット、河童小僧●
(4分32秒 体固め)
この試合からリングアナが田中秀和へ。田中アナの前口上の後場内暗転。まずはビッグフットと河童小僧が入場。ビッグフットはリングへ上がると客席を威嚇。よく出来ている。いや新宿まで良く連れてきたなと。
続いて維新力と雪男が別々に入場。雪男にはハル・ミヤコという女性が一緒に入場。両軍が対峙するさまを見ると、俺は一体何を見に来てるんだろう?と不思議な感覚に陥る。
先発はビッグフットと維新力。維新力が自らを鼓舞しながら立ち向かうが、まるで歯が立たない。何の技も効かない。雪男にタッチするがビッグフットは河童にタッチ。素早いロープワークで河童をいなす雪男。雪男は動きが軽快でプロレス技を難なくこなす。相当なテクニシャンのようだ。
やっとビッグフットと雪男がリングへ。ビッグフットがやや優勢。河童との連係でダウンする雪男。その雪男にアイスペールを持った維新力が近づき氷を投げつける。すると雪男が回復し河童にバックドロップ。最後はチョークスラムで河童からフォール勝ち。
試合後勝利を祝う維新力に雪男が攻撃。ビッグフットも加わり維新力を痛めつける。ビッグフットと雪男が熱い抱擁。騒然とする場内(そうでもなかった)。ハル・ミヤコ曰く戦っているうちに友情が芽生えたらしい。ハル・ミヤコがリングでアピールしているとIジャおばさんから厳しい突っ込み。表情崩さず頑張っていたが一瞬笑みがこぼれていた(笑)。
081207_1950~0001
081207_1950~0001 posted by (C)マシンガン
081207_1953~0001
081207_1953~0001 posted by (C)マシンガン

第5試合
○ジャガー横田、田島久丸 vs ラ・マルクリアーダ●、ベアー福田
(11分51秒 片エビ固め)
なんだかよくわからない組み合わせのミックスドマッチ。まずはジャガーが捕まる。逃れたジャガーが久丸にタッチ。久丸が二人を蹴散らす。しかし久丸も捕まり交互に攻撃を受ける。ラリアットをベアーに叩きつけピンチを脱する久丸。最後はジャガーがフィッシャーマンバスターでマルクリアーダから勝ち。

第6試合
○松田慶三、西山秀紘 vs 神威、末吉利啓●
(17分52秒 エビ固め)
最初こそうるさかった慶三だが末吉と神威の厳しい攻撃におとなしくなる。末吉はオープンフィンガーグローブっぽい物を着用。が、パンチはあまり使わず。末吉と神威が見栄えのする技、慶三、西山はオーソドックスな技を繰り広げる。最後は慶三がラリアットで勝利。
081207_2033~0001
081207_2033~0001 posted by (C)マシンガン

突っ込みどころ多くそこそこは楽しめました。ただUMA対決はちょっと期待はずれ。過剰な期待をしすぎてたかもしれない。雪男は普通にプロレスしてたしなぁ(笑)。その分セミとメインで取り返した感じ。
観戦後ロビーに出ると売店に座るビッグフットとハル・ミヤコの姿が。それも行儀良くちょこんと座っていた。それを喫煙所から眺める。Tシャツを売っているようだ。買ったお客さんにはサインを入れ握手をしていた・・。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :IWAジャパン トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。