Top Page > 2009年12月

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ネットプロレス大賞2009に投票します

 2009-12-31
ブラックアイ2さん主宰の「ネットプロレス大賞2009」に投票いたします。
今年は生活環境の変化もあってあまり生観戦できませんでした。てなこともあり各賞ひとつずつの投票にします。
来年もそんなに観戦できないだろうなぁ。

サイト名:だらだらプロレス観戦記
URL:http://machinegun3.blog80.fc2.com/
ハンドルネーム:マシンガン

(1)最優秀選手賞(MVP) …2009年、最も活躍したプロレスラー。
 飯伏幸太
 怪我が多いのが気になりますが将来性がある選手を投票しようかと。
 
(2)年間最高試合賞(ベストバウト) …2009年、最も素晴らしいと感じた試合。
 飯伏幸太vs.HARASHIMA(8.23DDT両国)
 フィニッシュ技の衝撃で。

(3)最優秀タッグチーム…2009年、最も活躍したタッグチームに与えられる。
 バラモンシュウ&バラモンケイ
 幅広い活動。どこの団体に出ても安定している。

(4)新人賞…2009年、最も活躍した“新人”に与えられる。
 谷口智一
 佇まい、雰囲気が抜群。
 
(5)最優秀興行…2009年、最も素晴らしかった興行。
 花やしきプロレス(6.16DDT浅草花やしき)
 遊園地で広げられる壮絶な戦い。来年の開催も期待。

(6)最優秀団体…2009年、最も素晴らしかった団体。
 DDT
 両国進出が成功。招待無しであの入りは素晴らしかった。

(7)最優秀マスメディア賞…本・雑誌などの出版物、地上波・CS・BSなど問わずテレビ番組、映画、ラジオ、ネット、ケータイ、CD、DVD、アート、ゲーム、グッズなどなど、プロレス関連のメディア・企画で2009年に最も優れていたものを選ぶ。
 『復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄』(講談社)
 プロレス本では珍しい実用的な書。これを読むとプロレスがしたくなる。


投票は以上です。
これが今年最後の更新となります。たぶん。
それでは皆様よいお年を!

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

ネットプロレス大賞2009に投票します の続きを読む

スポンサーサイト
カテゴリ :イベント トラックバック(0) コメント(0)

「プロレスは生き残れるか」を読んでみた

 2009-12-27
ブラックアイさんで触れられていた書籍「プロレスは生き残れるか」。ブログ記事を読んで興味が出たので買ってみた。

「プロレスは生き残れるか?」著者のブログ(ブラックアイ2)
プロレス復興計画(仮)

著者の泉直樹氏はルポライター。20代までは実際に会場へ足を運ぶほどのプロレスファンであった。
三沢光晴選手の事故死をきっかけに書かれたこの本は、関係者への取材を軸にプロレス界の現状把握とその未来を考察しているものである。
文中に登場する関係者は医者の林督元氏、記者の小佐野景浩氏、笹崎勝己レフェリー、全日本プロレスの常務取締役である内田雅之氏、武藤敬司選手、カズハヤシ選手。
過激化された現在主流のプロレススタイルの考察から始まり、、高齢化する選手の現状、団体による選手の健康管理、プロレス界が生き残るべき姿が書かれている。
プロレスファンであった著者の語りは優しい。プロレスが好きだということが伝わってくる。厳しい現況を語るも前向きな視線は共感を覚える。
が、スキャンダルな部分が無いためか面白さと言うか引き込まれるものが皆無。書籍やネットからの引用が多く新鮮味に欠ける。
正直プロレスファンやプオタにとっては物足りない内容だと思う。どの層が対象となっているかぼやけている気もする。読んで損した感は無いけど、人に薦めるまででもないかなっつう感じ。
アフィ的にはべた褒めしたほうがいいんだろうけどね(笑)。

プロレスは生き残れるかプロレスは生き残れるか
(2009/12/22)
泉直樹

商品詳細を見る

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(0) コメント(0)

みちのくプロレス後楽園速報5

 2009-12-12
東北ジュニアヘビー級選手権試合<王者>拳王VSフジタ“Jr”ハヤト<挑戦者>
東京03の人発見。ホントに好きなんだなぁ。
打撃と関節技の攻防。拳王の動きが素晴らしい。 ハヤトより説得力がある。
場外ではイニシアチブを握るハヤト。しかしリングに上がると劣勢を強いられる。拳王は軽くいなし重い打撃を叩きつける。
時間過ぎても変わらない動きの拳王。いい選手だなぁ。
拳王のフットスタンプ、ジャーマンは決まらず。
お互いに大技の攻防からえげつないハイキックで拳王の勝ち。拳王が完膚なきまでにハヤトを倒した試合。
が、メインを締める試合かっつうと疑問が残る。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(0)

みちのくプロレス後楽園速報4

 2009-12-12
サスケとライガーはピカピカのウルトラコス。佐藤兄弟は鉄腕アトム人形、和桶と共に入場。
場内から鉄腕コール。
南客席で乱闘。サスケがダスターボックスを投げつける。続いてアルコール消毒液で攻撃。
ライガーがアトムの角攻撃を受ける。再び鉄腕コール。
アトムにやられっぱなしのライガー。
アトムにミサイルキックをかますサスケ。サスケに大ブーイング。アトムが主役。
和桶にアトムを突っ込み北側上方から転がすライガーとサスケ。二人に対して大ブーイングw
ロビンは張り付けにされて南側中段に晒される。
サスケは「ロビンさん今行きます!」
ライガーがアトムを投げつけ反撃。
ロビン救出に向かうもメフェラスの守備は堅い。
ライガーは「ロビンは後回しだ」

突如サスケがラダーを大小5台、椅子、標識、竹刀を持ち込む。
黙々とライガーとそれらを設置。
それを昇るが二回自爆。
三回目に頂点に立つも蘇生したアトムにやられる。
救出したライガーは佐藤兄弟とアトムに掌打。場内ブーイング。
サスケが和桶を被りトップロープへ。回転セントーンで飛び降りてアトムを破壊。
最後はライガーが丸め込む。
ロビンを救出するサスケ。ロビンコールに包まれる。
無事終わると思いきや、何故かロビンを入れて六人タッグの鐘がならされる。
が、秒殺でサスケがピン。

特にライガーが素晴らしかった。サスケが霞んだ。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(0)

みちのくプロレス後楽園速報3

 2009-12-12
野橋真実&ヤッぺーマン1号&ヤッペーマン2号VS南野タケシ&大間まぐ狼&ken45°
ヤッぺーマンはグリーンホーネットのブルースリーみたいだ。序盤から場外。
正規軍攻勢。武の目潰しから攻守逆転。
まぐ狼と武の連係で試合が決まる。
試合後、野橋を九龍に勧誘。その後人生を呼びつける。 タッグの挑戦者を募る武に人生の答えは佐藤兄弟を指名。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(0)

みちのくプロレス後楽園速報2

 2009-12-12
ウルティモドラゴンVSラッセ
Xは校長。場内大盛り上がり。
やりづらそうなラッセ。校長のコンディションが良い。余裕の校長は攻めながらも優しいムーヴが出てしまう。
お互いに丸め込むが決まらず。
校長のアッサリめのフィニッシュで試合が終わる。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(0)

みちのくプロレス後楽園速報1

 2009-12-12
全選手入場。
サスケの挨拶は「こんばんは小栗旬です」…

気仙沼二郎&大柳錦也VS日向寺塁&剣舞

剣舞以外黒のショートタイツ。
剣舞が捕まる展開。日向寺につないでトぺで反撃。
最後はゴッチ式パイルからグラウンド卍固めで大柳が剣舞に勝ち。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(0)

みちのくプロレス後楽園速報0

 2009-12-12
東西パイプ席四列、北側にはステージ席設置、バルコニー開放と強気の設定。
南以外は程よく埋まってます。
まずは沼二郎の挨拶&歌。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :その他インディー トラックバック(0) コメント(0)

本日みちのくプロレス後楽園大会を観戦、速報します

 2009-12-12
8月以来のプロレス生観戦。本日みちのくプロレス後楽園大会を観戦速報します。
まぁゆる~く適当に速報します。

宇宙大戦争 再・再・最終決戦!!(みちのくプロレスオフィシャルサイト)

5、「東北ジュニアヘビー級」選手権
拳王 対 フジタJrハヤト

4、「宇宙大戦争 再・再・最終決戦~今年もウルトラマンロビン救出大作戦!!ジュニアの重鎮が宇宙大戦争に参戦!!~」
ザ・グレート・サスケ、獣神サンダーライガー 対 佐藤秀、佐藤恵

3、野橋真実、ヤッペーマン1号、2号 対 南野タケシ、大間まぐ狼、Ken45

2、X(ジュニアの大物) 対 ラッセ

1、気仙沼二郎、大柳錦也 対 日向寺塁、剣舞


チケット残り僅かだそうです。
それでは行ってきます!
まだ早いか・・。


人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :みちのくプロレス トラックバック(0) コメント(0)

復刻 幻の藤原ノート―「ゴッチ教室」の神髄を読んでみた

 2009-12-12
『復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄』を購入。
店頭でパラパラと捲り面白そうなので買ってみた。著者は藤原喜明、企画構成が安田拡了。
藤原選手がカール・ゴッチに学んだ関節技の奥義をメモに残していた。本書はそれを自らのイラストと説明で清書されたもの。

前編のほとんどが技の解説。時折藤原選手のプロレスラーとしての軌跡が語られている。
冒頭に書かれている「はじめに」の言葉に痺れる。全文引用するわけにもいかないので一部分だけ。

相手を完全に極めてマイッタさせる。
これが美しいんだ。アートなんだ。
勝負は相手に潔く負けたと思わせる技で決めなければ美しくない。


技の解説はイラスト共にわかりやすい解説によって、プロレスをしたことのない俺でも十分理解できる内容。説明ひとつひとつに説得力がある。ひとつの技を読み終えると実践したくなる。実際プロのレスラー達も参考になるであろう実践的な本。

この本を読むことによってプロレスの見方が変わるかもしれない。より興味深く見れると思う。でも、いま関節技の攻防ってあまりないか?(笑)

復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄復刻 幻の藤原ノート――「ゴッチ教室」の神髄
(2009/12/08)
藤原 喜明

商品詳細を見る

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(0) コメント(0)

前田明日とマッチョ・マイケルズが12.6リンクストーナメント2009で対戦! その結果は?

 2009-12-08
俺の知り合いである前田明日さん(元信州プロレス、現リンクス代表)とマッチョ・マイケルズさん(元秋葉原プロレス)が、先日長野県須坂市で行われたリンクストーナメントでついに対戦。
両選手ともアマチュアであるがそれなりの場数を踏んでいる。前田明日選手はユニオンプロレスに参戦、マッチョ・マイケルズ選手は最近では東海プロレスに参戦。
俺が2選手に知り合ってからかれこれ3年になる(それ以上かも)。二人が戦うなんてなぁ・・。感慨深い。
本当は現場に駆けつけその試合を観たかったけど。まぁ次回の楽しみにしよう。

12.6リンクストーナメント2009試合結果(リンクス FIGHTING BASIC LINKS)

リンクス
【FIGHTINGBASICトーナメント2009】

【第一試合】一回戦
○前田明日vsKUBIKIX×
(膝十字固め)

【第二試合】一回戦
○スーパー・サブミッションマシンvs634×
(チキンウィングアームロック)

【第三試合】準決勝
×マッチョマイケルズvs前田明日○
(チキンウィングフェイスロック)

【第四試合】準決勝
○DSLvsスーパーサブミッションマシン×
(スリーパーホールド)

【第五試合】三位決定戦
○マッチョマイケルズvsスーパーサブミッションマシン×
(時間切れ判定)

【第六試合】決勝戦
○DSLvs前田明日×
(スリーパーホールド)


結果は前田明日の勝利。攻勢をかけていたマッチョ・マイケルズだったがニールキックからチキンウィングフェイスロックを決められた末のレフェリーストップらしい。マッチョのファイトスタイルはシビアだったのだろうか?手は合ったのかしら。見たかったなぁ。
出来ることならこの闘いの輪に入っていきたい所だけどねぇ。前田っちが辞めるまでには何とかしたいなとは思ってます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :LINKS トラックバック(0) コメント(1)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。