Top Page > 2011年03月

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ZERO1靖国大会の感想らしきもの

 2011-03-31
ZERO1靖国大会の感想らしきものです。正直あんまり憶えてないのです・・。なぜなら飲みすぎたから。
飲んだアルコールのことはよく憶えていたりする。

3/27奉納プロレス:靖国神社相撲場(ZERO1オフィシャルブログ)

☆タッグマッチ 
×田中将斗、関本大介(20:10ジャーマンスープレックスH)○佐藤耕平、崔領二

☆スペシャルタッグマッチ「師弟 対 親子」
大谷晋二郎、×橋本大地(16:32ビックバンクラッシュ)○ビッグバン・ベイダー、ジェシー・ホワイト

☆NWAライトタッグ選手権試合 60分1本勝負
(王者組)○菅原拓也、怪人ハブ男(17:29十三不塔)日高郁人、×澤 宗紀(挑戦者組)
※レフェリー:NWA:Mr.SUWA 

☆ミックスドマッチ
×若鷹ジェット信介、紫雷イオ(14:02体固め)ニック・プリモ、○アジャ・コング

☆タッグマッチ「Z vs U」
KAMIKAZE、×植田使徒(8:42レフェリーストップ)○金原弘光、松井大二郎

☆柿沼謙太 嵐を呼ぶ7番勝負 第2戦「日本 対 オーストラリア」
○柿沼謙太(8:49ジャーマンスープレックスH)×ウィル・ギブソン(NWAオーストラリア)

☆奉納プロレスオープニングマッチ:夢と希望の戦士・美熊デビュー戦
○美熊、ブッファ、横山佳和(11:22タイガースープレックスH)×高西翔太、不動力也、佐野直


当日の靖国神社は桜がほとんど咲いていなかった。ちょっと寂しい。客数も前年より少なめ。一見客がいない感じだった。
一連のセレモニーの後試合開始。
佐野直にブーイングの嵐。マスクマンの美熊はみねぴょん的な動き。
日豪対抗戦は逆転で柿沼の勝利。ウィル・ギブソンの動きが良かった。再来日を望む。
Z vs Uは噛み合わず。突発的すぎな感が。
久しぶりに見た紫雷イオ。スリムになったよな。この試合紫雷イオしか見ていなかった気がする・・。
NWAライトタッグはなかなか盛り上がった試合。白熱した試合だったが最後はSUWAレフェリー絡みで決着。
近くで見るベイダーはなんか縮んだような気がした。たぶん気のせいであろう。動きは良かった。まだまだ現役でいけそう。
メインはあまり期待してなかった耕平、崔が奮闘。関本の魅力が引き出ないまま終了。関本ファンの俺としては心残り。試合自体は素晴らしかった。

まぁこんな感じくらいしか書けないや・・。



人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

スポンサーサイト
カテゴリ :ZERO1 トラックバック(0) コメント(0)

今日はZERO1靖国大会を観戦します

 2011-03-27
今日はZERO1靖国大会を観戦します。速報はしません。観戦記は明日でも。
東京は快晴。温度はまだ低い。まぁ昨日より風がないので昼間は快適に観戦出来そうです。

3/27奉納プロレス記者会見ー1:大谷晋二郎「奉納太鼓」に参加!(ZERO1オフィシャルブログ)

3/27奉納プロレス記者会見ー2:KAMIKAZE「Uインター時代の借りを返す」(ZERO1オフィシャルブログ)
3/27奉納プロレス記者会見ー3:大谷「大地に初勝利をプレゼントします」(ZERO1オフィシャルブログ)

【3/27奉納プロレス:当日券】:ユリオカ超特Qさんが緊急参戦!(ZERO1オフィシャルブログ)

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :ZERO1 トラックバック(0) コメント(0)

『2011 プロレス LOVE in 両国 Vol.11』観戦記

 2011-03-22
~東北地方太平洋沖地震チャリティー大会~ 『2011 プロレス LOVE in 両国 Vol.11』

昨日行われた全日本プロレス両国大会の感想。久しぶりの全日観戦。

開場直後に国技館前に到着。入場の列は長く、当日券を求める人も多かった。
もしかしたらそこそこ入るのでは?と思ったが、やはり苦戦。最終的には4~5割程。
ロビーはエアコンが効いていたが場内は止められている。
枡席が全て設置されている配置。暗幕は無しで2階席は全て開放。購入した席から出口に近い席に移動。地震対策と言うわけではなくビール購入のため。
少々押して試合開始。まずは震災にあった方々への黙祷。

VMタイム。ヤッシーが登場に沸く。
試合開始。ある方がTwitterで「避難案内のアナウンスが無い」と指摘されていた。自分は気にしなかったけどやはり必要だった。初めて来る人も多かっただろうし余震があるかもしれない状況。この時期の開催だからこそ必要であった。
会場内全体に薄暗い照明。ヴィジョンは無し。子供の頃に蔵前で見た情景。
試合が始まる。客席も盛り上げて行こうと声援を送る。雰囲気が良い。
試合もテンポよく進む。
ベイダーの登場でさらに盛り上がる。
圧巻だったのは大日勢が挑戦したアジアタッグ。力と力のぶつかり合い、30分を超えるも全く飽きさせない。客席もヒートしていくのがわかった。
ゼロワンのリングで対戦表明した武藤。厳しい攻めはそれほど見せない。橋本を生かす展開。
休憩。喫煙所で外を眺めていたら開場を後にする関本と岡林の姿が。分厚い身体の二人が半袖にキャリーバッグを引き颯爽と去る。その後ろ姿が格好良かった。
船木と新日勢のタッグ。大歓声で迎えられたが試合はスイングしない。盛り上がりに欠けたままアッサリ終わる。試合後の乱闘は二階後方にはあまり伝わらなかった。
世界ジュニアは緊迫感の伝わる展開。スタイルの違う2人の闘いに引き込まれる。
盛り返した感で迎えたセミの世界タッグ戦。単発の大技に歓声は上がる。しかし各選手の間の悪さからか試合の面白味が持続しない。場内の緊張感が緩み始めた頃にフィニッシュ。声援は多かったがまたも期待に応えられない大森。歯痒い試合だった。
メインの諏訪間vsKENSO。静かな展開を固唾をのんで見守る。どんな試合を見せてくれるのか期待が高まる。しかし独特なスタイルを貫くKENSO。諏訪間は自分の展開に持ち込めない。多少の見せ場はあった物の大きな大会のメインらしからぬ試合。業を煮やした観客から辛辣な野次が飛び交い始めた。場内のテンションが下がって行く。力でねじ伏せようとする諏訪間。それを耐えるKENSO。しかしラストライドで終了。ゴングと共に客が帰路につき始めた。時期的状況もあったのだろうが、それだけでは無いであろう。何とも後味の悪い試合だった。
試合後、チャンカンに出場する選手がアピール。永田の参戦表明に大きな声援が。それを上回る歓声を浴びたのが、リングアナによる代読の秋山参戦アピール。

この時期に敢えて行われた大会。沈んだムードを吹き飛ばす興行を期待したけど…。個人的には大はずれだった。最近は観戦回数が減っているが、こんな凡興行は久しぶりに見たような。観戦の余韻に浸る事が出来なかった。
ベストはアジアタッグ。
チャンカンに期待しよう。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。