«猪木酒場が新宿に進出!4月中旬に新宿店オープン | 「ガチ☆ボーイ」を観てきました!»

Top Page > スポンサー広告 > JCBホールが初公開 Top Page > 後楽園ホール > JCBホールが初公開

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

JCBホールが初公開

 2008-03-14
本日の東スポ紙面に「MEETS PORT JCBホール」初公開の記事。
13日に内覧説明会が行われた模様。
会場の写真はスポニチのサイトで。

エッ新格闘技の殿堂は場外乱闘NG?(スポニチAnnex)

 格闘技の新殿堂は場外乱闘禁止!?東京ドームシティ内に新たに完成したJCBホールの内覧会が13日、行われた。19日のオープンを前に、4月6日に同ホールで初のプロレスを開催するゼロワンMAX関係者らが会場を視察したが、とんだ落とし穴に頭を抱えた。

 「イスが重すぎて、場外乱闘ができないんですよ」とゼロワン関係者。プロレスにつきものの場外乱闘ができないのだ。プロレスでは本来、アリーナにパイプイスが並べられ、乱闘を“演出”する。だが、JCBホールはスタンドを含めて赤と黒の特注イスがズラリ。1つ9キロもあり、すべて連結式だ。しかも、1つ約10万円もするという。


これを見てちょっとガッカリ・・。
3000人程の収容人数との事ですが、殆どの客席がフラットな部分。ステージ側以外のフラットな席は10列以上。見辛いだろ、これじゃ。
そのかわり3階層のバルコニー席は見やすそうだけど。スタンディングのコンサートがメインの会場かもねぇ。
これだったら圧倒的に後楽園ホールの方が良い。
場外乱闘云々ではなくてもプロレス団体は利用しないのでは?
JCBホールのプロレス団体初進出はZERO1-MAX。宇宙戦隊NOIZとのコラボ興行。宇宙戦隊NOIZにどれだけの人気があるかわからないけど。

田中と中西が一騎打ち! 真壁&矢野のIWGPタッグ王者も参戦=4.6ZERO1-MAX(スポーツナビ)

ファーストオンステージは14日、4月6日開催のZERO1-MAX「ミラクルロケット ~2nd Impact~」(東京・JCBホール)の追加対戦カードを発表した。

■ZERO1-MAX「ミラクルロケット ~2nd Impact~」
4月6日(日) 東京・JCBホール(東京ドームシティー ミーツポート内) 開始15:00

【決定対戦カード】

<シングルマッチ 「Extreme Impact」 60分1本勝負>
田中将斗
中西 学(新日本プロレス)

<タッグマッチ 「Prove the Real-MVP」 30分1本勝負>
佐々木義人、関本大介(大日本プロレス)
真壁刀義、矢野 通(ともに新日本プロレス)

<シングルマッチ 「Real Strong ISM」 30分1本勝負>
佐藤耕平
田口隆祐(新日本プロレス)

<6人タッグマッチ 「Exotic Japan」 30分1本勝負>
崔 領二、浪口 修、澤 宗紀(バトラーツ)
裕次郎、内藤哲也、平澤光秀(いずれも新日本プロレス)

【既報対戦カード】

<NWAインターコンチネンタルタッグ&NWAインターナショナルライトタッグ
 2冠戦>
藤田ミノル、菅原拓也
アレックス・シェリー、クリス・セイビン(ともにTNA)

<シングルマッチ 「飛・打・極 ~Vigor~」 30分1本勝負>
日高郁人
金本浩二(新日本プロレス)


まあまあ好カードが用意されましたね。新日との対抗戦が行われた後楽園大会は久々の超満員。この大会はどうなるのかな?
因みにこの日後楽園ホールでは昼にDDG、夜に全日の興行が行われます。
俺はDDGのチケット購入済み。

【追記】
カミプロドットコムにも写真あり。
バルコニー席はかなり良さそう!
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :後楽園ホール トラックバック(0) コメント(0)
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/1044-15941fdf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。