«ZERO1-MAX後楽園大会観戦記1 | ZERO1-MAX後楽園大会観戦後記‥»

Top Page > スポンサー広告 > ZERO1-MAX後楽園大会観戦記2 Top Page > ZERO1 > ZERO1-MAX後楽園大会観戦記2

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ZERO1-MAX後楽園大会観戦記2

 2006-02-28
第3試合
藤田ミノル、GENTARO、アレックス・シェリー vs 景虎、クレイジー・ボーイ、Gamma
先週のみちのくで見たときはふてぶてしく見えた景虎でしたが、この面子に入るとまるで少年の様。
景虎たちが場外へ仕掛けるも空中戦で藤田の反撃にあう。
この試合良い選手揃っていたのですが、試合を引っ張る人がいなくて派手な技も線につながらず・・・
最後も藤田がGammaからあっけない丸め技で勝利。


第4試合
大森隆男、高岩竜一 vs 安田忠夫、後藤達俊
後藤の登場に館内大声援。
この日後藤は二人にバックドロップ決めましたが名刺代わりのご挨拶といった優しい切れ味。
試合は新日メンバーがそつなく短時間に持ち味を出したところに大森のアックスボンバー2連発。
後楽園顔見せといった所でしょうか・・・
試合後キングスロードの宮本がリングに上がり大森を挑発するも客席からは少しのブーイングという冷ややかな態度。


第5試合
4団体認定インターナショナルジュニアヘビー級選手権試合
王者、日高郁人 vs 挑戦者、菅原拓也
試合はおとなしく進む。
菅原のクリーンな戦いに押され気味の日高だが時折センスのよさを垣間見せる。
セコンドのGammaと景虎の介入も軽く受け流していたが、菅原の延髄蹴りから劣勢に。
最後は十三不塔を決められフォール負け。
その瞬間会場からはなんとも言えないどよめきが・・・
「オーッ!」ではなく「えっ、?」とか「本当に?」という感じ。
みんな呆気にとられてました。
俺も思わず身を乗り出してその結果に驚いちゃいましたよ!
別に菅原に説得力なかった訳ではなく、日高が勝って当たり前と思ってましたから・・・

ここで気になるのは日高の去就。
次々と身軽になることでどこか遠くへ行っちゃう様な気がしました・・・
船木を追って海外行くのか、それとも方舟に乗っちゃうのか・・・







関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :ZERO1 トラックバック(0) コメント(6)
コメント
自分は、日高にはゼロワン愛を感じるし、
大谷との絆も深いものを感じるので、
心配ないと思っていますよ。
ただ確かにこれだけ立て続けだと何かあるのか?
と自分も思っちゃいました。
その何かがGHC奪取ならば喜ばしいです!
【2006/03/01 00:22】 | chabo☆vic #79D/WHSg | [edit]
質問!クレイジーボーイってだれですか?
身軽になると…確かにきになる~~
【2006/03/01 00:59】 | SAYU #79D/WHSg | [edit]
chavo☆vicさん
個人的にはWWEに上がってもらいたいなと‥
もしかしたら藤田もいなくなってしまうような感じもします‥
【2006/03/01 07:33】 | マシンガン #79D/WHSg | [edit]
クレイジーボーイはなかなか良い選手でしたがこの前のカバーナのような感動はなかった。
慣れてくれば活躍すると思います!
【2006/03/01 07:37】 | マシンガン #79D/WHSg | [edit]
外人選手だったのか~~
【2006/03/01 14:57】 | SAYU #79D/WHSg | [edit]
いろんなところにでることはよいことだと思います。日高選手にはますます頑張ってほしいです。
【2006/03/01 21:11】 | ももちゃん #79D/WHSg | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/124-db717d40
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。