«今日は紅白 | 前田明日が信州プロレスを退団!新団体「SPIRITーR」を旗揚げ! »

Top Page > スポンサー広告 > プロレス書籍史上最高の傑作『子殺し』 Top Page > プロレス書籍 > プロレス書籍史上最高の傑作『子殺し』

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

プロレス書籍史上最高の傑作『子殺し』

 2009-07-16
子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争
(2009/07/17)
金沢 克彦

商品詳細を見る

「週刊ゴング」に長く携わった金沢克彦氏による著。
「週刊ゴング」の末路が書かれている導入部からKOされる。金沢氏がこの本を書くにあたって編集者から渡された「一瞬の夏」。個人的に一時嵌った沢木耕太郎。しかしそれを遥かに凌ぐ傑作だと思う。
大仁田が新日への参戦経由からこのストーリーが始まる。ここに出てくる関係者全てが魅力的に思えてしまう。長州、猪木、永島、そして竹内宏介。
そしてプロレスとビジネスを共に昇華させる金沢氏の力強さに圧倒されまくった。
金沢氏が大仁田参戦をヘルプした件からこの本が疾走する。大仁田をこんなに魅力的に書いた書物は読んだことが無い。自著や取り巻きのそれさえも・・。
ここから小川と橋本の試合の顛末を描いた第3章まで、この本から一切目を離すことが出来なかった。
その後には永田、石澤、藤田、ヒクソン(長州)について書かれている。前章に比べやや失速するが読み応えあり。
プロレスのフィールドに立っている者への視線は優しい。壊そうとする者へのそれは厳しい。間に立つ者への感情は皆無に等しい。
これを読んで良かったこと。緊張感が張り詰められている。いまのプロレスに無い緊張感が限りなく。
興奮して読んだばっかりなので上手くまとまんないけど、この本は今のプロレスへのアンチテーゼであるのではないかと。選手、関係者、マスコミ(本文にも出てくるが俺も存在しないモンだと思う)への。
なんとなく思ったけど、この本を読んで共感できる世代が好きなプロレスっつうのはもう見ることが出来ないんだろうな。
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(1) コメント(0)
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/1494-8ba59919
  • GK金沢の「子殺し」とかやっぱり暑い。【日記 ちゃんぷる~】
    今日もまたクーラーから逃れられない日になりそうです。 いい加減なんとかしないと、その内朝目覚めなくなりそうで怖い。 とは言え、寝てる間に消さないのもなぁ。 どうしたものか… 「子殺し 猪木と新日本プロレスの10年戦争」-ちゃんぷる~ 金沢“GK”克彦氏の初の単
【2009/07/18 15:57】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。