«柴田勝久さんが急逝 | 北斗晶の「骨つきチキンと小松菜のカレー」を作ってみた»

Top Page > スポンサー広告 > 『マイクは死んでも離さない―「全日本プロレス」実況、黄金期の18年』を読んでみた Top Page > プロレス書籍 > 『マイクは死んでも離さない―「全日本プロレス」実況、黄金期の18年』を読んでみた

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

『マイクは死んでも離さない―「全日本プロレス」実況、黄金期の18年』を読んでみた

 2010-01-18
元日本テレビアナウンサー倉持隆夫さん著のマイクは死んでも離さない―「全日本プロレス」実況、黄金期の18年を読んでみた。
最近のファンにはなじみが薄いかもしれませんが、「全日本プロレス中継」を長年つとめた名アナウンサー。
俺は小学1年のとき全日本プロレスからプロレスを見始めのめり込んだ。倉持隆夫さんが活躍しているときと熱中的にプロレスを見ていた時期が一致する。それだけに読むにつれ当時の光景が思い浮かんでくる。
内容は「全日本プロレス中継」の担当になるきっかけから始まり、苦労話、今だから話せるエピソードから舞台裏の暴露的な話まで読み応えのある内容。
あくまでもプロレスに関わったことは仕事であり、プロレス自体への思い入れは薄い。その分客観的に書かれているので淡々と読み進む。
一番興味深く読んだのは、実況中シークとブッチャーに襲われて流血した事件のエピソード。当時この模様は放送されず東スポだか別冊ゴングで見た記憶がある。結構衝撃的だったよなぁ。アナウンサーが流血してるんだもん。血糊でも使ってるのかとも思っていたけど・・。因みに放送はされなかった。
プロレスが抱える対世間的な問題にも触れられている。その答えが説得力十分で頷いてしまう。
全体がちょっとドライな感じなので冷たく感じるトコもあるかも。ま、とにかく昭和のプロレスを知っているオッサンプオタにはお薦めの力作です。
残念な箇所は表記間違い。プロレスを担当するときに「週刊ゴング」「週刊プロレス」から写真を切り取り技を覚えたとあるが、当時は週刊誌ではなかった。出版社の人も気づかないもんかねぇ・・。

マイクは死んでも離さない―「全日本プロレス」実況、黄金期の18年マイクは死んでも離さない―「全日本プロレス」実況、黄金期の18年
()
倉持 隆夫

商品詳細を見る
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(0) コメント(3)
コメント
懐かしいですね!

確かコレ、日テレのプロレス特番『プロレス決定的瞬間』でOAされましたよね。
スタジオゲストが輪島で、VTR出演で黒木香が出てました(笑)

小学生の私には、刺激が強かったなぁ~(笑)
【2010/01/19 16:23】 | 凸凹プロレス編集長 #- | [edit]
>凸凹編集長さん
これも印象深いけどテリーvsブッチャーのシングルが残酷すぎてカットされたことを強烈に憶えている。当時の全日は面白かったなぁ・・。
【2010/01/23 10:56】 | マシンガン #- | [edit]
ジャイアントシリーズで、1980年最強タッグ決定リーグ戦の予告の中で放送されました。
【2010/01/29 12:39】 | マウイ #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/1543-ef39315c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。