«ハッスルマニア観戦記2 | STYLE-E西調布大会観戦記»

Top Page > 全日本プロレス > 全日本プロレス後楽園大会観戦記

全日本プロレス後楽園大会観戦記

 2005-11-20
無事チケットを手に入れ着席。
定刻にスタート。さすがはメジャー団体、どインディーとは違います。(笑)

RODの前口上。ちょっと長いかな?
お客さんは喜んでいるので良いんでしょうな‥


第1試合
淵 vs 菊タロー
菊タローの浣腸から始まり途中までは菊のペースでお笑い試合。
途中から淵のワンサイドゲーム。
もう一波乱あると思ってましたがあっさり淵の勝ち。


第2試合
S・論・ウルフ vs ブラザーYASSHI
ヤッシーが客を罵りつつ最強タッグの所信表明。
勝てっこないんで全試合両リン狙うとの事。
試合はほとんどリングで戦うことなく両者リングアウト。
試合後正田が乱入、ヤッシーを蹴散らし東京愚連隊の再結成をアピール。
論カズよりこの2人のほうが絵になるな‥


ここで最強タッグ開会式。
「サンライズ」が鳴りスタン・ハンセン入場!
鳥肌たちました! なんかお目目がウルウルしちゃいましたよ(そんな奴俺だけか‥)
参加全選手が入場、これだけの選手がリングに上がると迫力ありますな。


第3試合
荒谷、平井、土方 vs D・ブラウン、ブキャナン、TAKA
この試合のRODも観客へのアピールがちょっと鼻につきました。
荒谷はすっかり前座レスラーになってしまいましたね…
土方が良い動き見せてましたが、最後は平井がピンとられてました。
RODは最後にエディの追悼アピールしてましたね‥
そういったアピールは良いと思うんですが、必要以上の客弄りは要らないかなと‥


第4試合 最強タッグリーグ戦
嵐、AKIRA vs 諏訪間、雷陣
雷陣は髪をモヒカンにして今までより存在感ありました。
しかし試合内容は変わらず… ロンリーバトルが続いて劣勢に。
嵐は余裕綽々で技受けてたな。この日の嵐はチョップ、ラリアートともに迫力あったな。
諏訪間は投げ技以外にも魅せてくれました。最後のアンクルホールドも説得力ありましたよ!
諏訪間は全日本って言うよりプロレス界の次代のエースですね!


第5試合
健介、中嶋、石森 vs G・バーナード、TARU、近藤
バーナードは生で見るの初めてですがデカいっすねぇ! 石森なんか幼児みたいなもんですよ。
つかまり気味の石森でしたがこの日は技の失敗が無く安心して見てられました。
中嶋君はふてぶてしくなりましたな。 可愛らしい感じだったのが随分プロレスラー風情になってますよ!


第6試合
武藤、曙 vs ケア、ジャマール
曙はすっかりプロレスラーらしくなりました。 出す技にも説得力あります。
武藤はフラッシングエルボー、フェイスバスター、フランケンシュタイナー、シャイニングなど定番をしっかり見せてくれました。
最後は曙がジャマールをのどわで蹴散らしケアにものどわ落とし。ケアを抑えているとそこに武藤がムーンサルト!
ムーンサルトまで見れてお腹いっぱいですな。


第7試合 メインイベント
小島、カズ vs B・レイ、ディーボン
初めてのダットリーズなんで期待感大。南側観客席から入場。もう会場全体が大盛り上がり!
カズがつかまる展開でしたがディーボンが日本語を駆使して攻め込むためヒール感は薄かった。
小島も定番ムーブで返してたが会場の気持ちはダットリーズにむいてましたね。
最後はカズに3D!素晴らしいですなダットリーズは!
試合後は菊タローがお約束のテーブル葬。この日一番の沸点でした。
いつも観客のお子さんをリングに上げて、割れたテーブルにサインをして上げるのですが最初に選んだ女の子が泣き出し、ダットリーズが戸惑ってたのが笑えました。


今の全日本は良い雰囲気ですね! お客さんが望んでいるものを提供し、観客も素直にそれを楽しんでる感じでした! 去年の興行が嘘のようでした。

分裂騒ぎがあるようですがしばらくは揺るぎないでしょうね。




関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :全日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/398-adabfe08
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ