«DDT観戦&1/8はアイスリボン観戦決定! | 12/30上井ステーション 「UWAI STATION2」後楽園大会観戦記 »

Top Page > スポンサー広告 > 12/29 DDT後楽園大会観戦記「NEVER MIND 2006」 Top Page > DDT > 12/29 DDT後楽園大会観戦記「NEVER MIND 2006」

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

12/29 DDT後楽園大会観戦記「NEVER MIND 2006」

 2006-12-30
DDT「NEVER MIND 2006」
12月29日(金)東京・後楽園ホール 観衆2006人(超満員)

ロビーは物販やサイン会等のスペースが多いせいもあり大混雑。
仕事帰りの人も多いためか開始時間過ぎて客席は徐々に埋まっていく。
今年俺が観戦したDDT後楽園では一番の入り。
Into The Lightの後、スクリーンには矢郷の姿が・・
「こうなったらDDTに入団してやる!」


第1試合 6人タッグマッチ
●諸橋晴也&マサ高梨&趙雲子竜(8分24秒 プルプル蛇→片エビ固め)ポイズン澤田JULIE&魔蛇美&○ベアー福蛇
諸橋組のセコンドには真琴の姿が。
試合開始と同時にポイズンに襲われる真琴。
南客席中段でチョークスラムをかけられそうになるも高梨がカット。
リング上でも乱入した真琴が捕らえられるが、なんと急所攻撃で脱出。
試合はプルプル蛇で福蛇の勝ち。

スクリーンには若手不足を訴える柿本と新戦力を求める三四郎の姿が。
そこにタイミングよく履歴書持参の矢郷が現れる。
入団を訴えるもののDDT崩壊を恐れた二人は矢郷をロッカーの中に閉じ込める。


第2試合 エニウェア・エニタイム・エニシング4thスレット
男色ディーノ、●猪熊裕介、マッスル坂井、○ゴージャス松野
(13分42秒 ゴージャススター☆不知火→片エビ固め)
選手は乱闘しながら乱入。何故か軽く流血している。
場内にはサンドマンのテーマが鳴り響く。試合中ずっと流れていた。
坂井は竹刀と缶ビールを手に。
会場のいたるところでビールを飲み干し客席に吹きかける。
ストレートに試合するとは思わなかったがこうきたかw
後半になるとリング上でまともな展開に。とは言っても男色攻撃とかですが。
試合後北側ステージ席に坂井が突進。
すると客席には吉川晃司の姿が。ちょっとどよめく場内。
若いファンたちは無反応。知らないのかな?


第3試合 DDT EXTRAME級選手権試合
※3分5ラウンドのラウンド制。格闘技ルール(KO、ギブアップ、レフェリーストップのみの決着)と通常のプロレスルールを交互のラウンドで行う。
○[王者]MIKAMI(4R 1分19秒 卍固め)●[挑戦者]タノムサク鳥羽
簡単に決着つくと予想していたが試合はもつれる。
何回もダウンを喫したMIKAMIがこれまた予想外の卍固めで勝ち。
このルールどうなんでしょうね? 通常ルールでやっても良かったと思うのですが。
試合後NOSAWA論外がリングへ。
次回後楽園でEXTRAME級選手権に挑戦することをアピール。


第4試合 星誕期デビュー戦 タッグマッチ
○星誕期&柿本大地(12分20秒 アルゼンチンバックブリーカー)アメリカンバルーン&●中澤マイケル
柿本が捕まる展開。
アメバルの動きは相変わらず良い。戦ってる最中の表情も豊かで感情移入しやすい。
注目の星誕期だが動きはスムーズで力強さもある。背な毛が凄かったが・・
フィニッシュのカナディアンからアルゼンチンバックブリーカーに移る動きも良かった。

ここで休憩。
因みに吉川晃司は第4試合後に帰っていった。背が高く強そうだったな。
物販でマッスルハウスとアイスリボンのチケット購入。
マッスルのチケットは早く買った方が良いと思われます。


第5試合 イタリアン4ホースメン国内最終試合 6人タッグマッチ
○フランチェスコ・トーゴー&アントーニオ本多&イタリアン・ウォリアー(16分40秒 イタリアン・インパクト→片エビ固め)KUDO&飯伏幸太&●松永智充
最後にイタリアン・ウォリアーが突進しながら入場。
アルティメット・ウォリアー張りのいでたち、動き。
とにかく試合中も叫んだりアピールし続けてうるさいことうるさいことww
これはかなりツボに入ってしまった。
最後は本多のパウダー攻撃からイタリアンインパクト。
イタリア軍は今回で帰国するが来年からはディック東郷が参戦するとのこと。


第6試合 KO-D無差別級選手権試合
●[王者]大鷲透(18分04秒 蒼魔刀→片エビ固め)○[挑戦者]HARASHIMA
※HARASHIMAが第23代王者に。
大鷲のペースで試合が進むがそれほど力の差を感じない。
HARASHIMAが急激に成長しているのであろう。
DDTでは一歩抜けた存在に。
試合は後頭部への蒼魔刀、ファイヤーバードスプラッシュ、山折り、とどめの蒼魔刀という流れで文句無い勝利。
HARASHIMAはリングの周りに観客を呼び込み勝利をアピール。

試合後スクリーンに今年のダイジェスト映像がAlone Againと共に流れる。
ノスタルジックに浸っていると、最後に閉じ込められたままの矢郷が入ったロッカーが。
後楽園ホールの従業員も素通りし帰っていく。

3時間に近い興行で疲れましたが楽しめましたよ。
やはりハズレがない団体だ。

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :DDT トラックバック(0) コメント(2)
コメント
良い感じの興行の感じですね。

僕は20代前半ですが吉川晃司を知ってますよ。
【2006/12/31 09:27】 | スポーツ瓦版 #- | [edit]
>ヒガシさん
DDTの興行は本当にハズレがありません!
吉川晃司に関しては反応薄かったんですよ。(笑)
【2007/01/01 15:34】 | マシンガン #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/490-1259600f
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。