«オフ会終って・・・ | 2月のプロレス観戦まとめと3月の観戦予定»

Top Page > DDT > 2/25 DDT後楽園ホール大会観戦記

2/25 DDT後楽園ホール大会観戦記

 2007-02-27
DDT「Into The Fight 2007」
2007年2月25日(日)DDT後楽園ホール大会 12:00開始 1390人満員

新宿で連れと待ち合わせをし二人で水道橋へと向う。
11時半頃に後楽園ホール1階に着くも人はまばら。
楽々エレベーターに乗り5階へ。
ロビーや喫煙所にも人影少なく不安になる。
最終的には6~7割位の客入り。


ハンディキャップダークマッチ 10分1本勝負
△松永智充
(時間切れ引き分け)
△猪熊裕介、ゴージャス松野
※試合開始5分前になったため、強制終了
松永は年齢の割には渋いファイトで魅せる選手。
ヌルヌルキャラを手に入れいっそう魅力的になった。
今までは「上手いなぁ~」とだけの感想しかない選手であったが、独自のキャラを得てより一層興味深い選手になった感が。
終盤に見せた松野の3連発は狙いがわかりちょっと興醒め・・・


第1試合 「新生! 蛇界転生お披露目試合」 30分1本勝負
ドリアン澤田JULIE、○マンゴー福蛇
(6分56秒 ぷるぷるマンゴー)
MIKAMI、●タノムサク鳥羽
蛇界はサルセロスのテーマで入場。
ドリアン澤田に場内が沸く。
MIKAMIに見せ場が無かったのが寂しかった。


第2試合 「泥沼の遺恨劇! 最終決着戦」 20分1本勝負
○星誕期
(8分52秒 アルゼンチン・バックブリーカー・ドロップ→体固め)
●中澤マイケルwith松永智充
試合を作るのはマイケル。
この選手もこの1年で飛躍的に伸びた選手だと思う。
試合は松永が良いタイミングで介入しつづけ目が離せない。
他の選手でも星誕期の良さを引き出せるか興味ある。


第3試合 「ハードコアマッチ ~矢郷さん、花いちもんめ~」 60分1本勝負?
※リング上に公認凶器として2台のロッカーを設置。矢郷が勝った場合、DDTへの入団が認められる。
○高木三四郎
(13分26秒 ひまわりパワーボム・オン・ザ・ロッカー→エビ固め)
●矢郷良明withDJニラ&ブルーK(isami)
矢郷さんの処遇、DDTとK-DOJOの擦りつけ合い試合。
やはり三四郎の入場は盛り上がる。
入場に関しては蝶野か三四郎のどちらかであろう。
リング上には2つのロッカー。
ニラとブルーKの介入により矢郷有利に進むと思われたが、三四郎が効果的に使ったのが目立った。
一つのロッカーに矢郷を閉じ込め、もう一つのローカー上からドロップキック。
ロッカー最上段からロッカーへのブレーンバスター等など。
勝利した三四郎は矢郷の入団は頑なに拒否したが「矢郷プロレス」というブランド立ち上げを発表。
3月20日の新木場オールナイトで初お目見え。
因みに3月21日は後楽園で上井駅・・・
画像 541
画像 541 posted by (C)マシンガン

第4試合 「はぐれ弁護士純情派スペシャル」 30分1本勝負
○TARU、大鷲透
(12分02秒 TARUドリラー→片エビ固め)
マッスル坂井、KUDO、●大家健
※大家には“金壱千万円”の支払い義務が発生
TARUはいつもより多く水を撒き散らし登場。
客席ちょっと退く。
一部熱狂的TARUファンに目が引く。
KUDOの怪我を言い訳に大家が加わる。
それが何の効果も無く、難なくTARUドリラーに沈む大家。
試合後、上島コントの末壱千万円の支払いが生じる大家。
個人的に大家はかなり出来る子だと思うのだが、こんな仕打ち(常に)は何故なんだろう?
大鷲はDDTの愉快な仲間たちと戦っていくことを宣言。
このマットで見れることに一安心。


第5試合 セミファイナル 「ハワイ軍aWo対DDTヤング正規軍~飯伏幸太電撃復帰戦~」 60分1本勝負
プリンス・トーゴー、○Koo、キング・アラモアナ、アントーニオ“ザ・ドラゴン”本多
(14分55秒 ハワイアン・インパクト→片エビ固め)
諸橋晴也、マサ高梨、●柿本大地、飯伏幸太
飯伏の復帰戦だが、まだ遠慮がちな攻撃と受け。
ハワイ軍の動きと連係がすこぶる良い。
特にキング・アラモアナ。キャラが変わっただけでここまで違うのかと驚いた。
Kooの迫力とスピードも目を見張るものがあった。
正規軍の印象は全くなし・・・


第6試合 メーンイベント 「KO-D無差別旧選手権試合」 無制限1本勝負
○[王者]HARASHIMA
(20分21秒 ファイヤーバードスプラッシュ→片エビ固め)
●[挑戦者]男色ディーノ
※第23代王者が2度目の防衛に成功
アメリカ帰りのディーノだが変わっていたのは入場シーンだけ。
男色デストロイには目を見張るものがあったが。
HARASHIMAがディーノの技を受けつつも上手くかわす。
最後は蒼魔刀から綺麗なファイアーバードを決めた。
HARASHIMAは相手の持ち味を殺さず、自分の良さを見せつけるという王者としての仕事を難なくこなした印象。
試合後次期挑戦者に三四郎が名乗りを上げる。
どうやらHARASHIMAの集客能力に疑問があるという。
たしかにここの所後楽園の客入りが今ひとつ。
まぁこれに関しては都内興行が多すぎるためだと思うけどww
HARASHIMAのマイクも微妙なものがあるが、それも彼の魅力の一つ。
HARASHIMAはどこに出ても文句ない説得力溢れる選手だと思いますよ!

結局この日の興行も大満足!!
これだけ外れのない興行続けるのは凄いこと。
観戦後も楽しく過ごさせてくれるモンなぁ・・・

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :DDT トラックバック(0) コメント(0)
DDT
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/544-d67bb921
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ