«1976年のアントニオ猪木 | アントワープセントラルに行って来ましたよ!»

Top Page > スポンサー広告 > 「1976年のアントニオ猪木」を読みましたよ! Top Page > プロレス書籍 > 「1976年のアントニオ猪木」を読みましたよ!

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

「1976年のアントニオ猪木」を読みましたよ!

 2007-03-17
1976年のアントニオ猪木 1976年のアントニオ猪木
柳澤 健 (2007/03)
文藝春秋
この商品の詳細を見る


昨日購入したこの本を読み終わりました。
1976年に行われたアントニオ猪木の異質な4試合の闘いについて書かれてある。

第1章には1976年に至るまでの猪木について。
第2章はウイリアム・ルスカ戦。
第3、4章はモハメド・アリ戦。
第5章はパク・ソンナン戦。
第6章はアクラム・ペールワン戦。
第7、終章にプロレスの衰退と総合格闘技の登場。

対戦相手が猪木と闘う背景が詳細に書かれている。
どのような思惑で対戦をしたのか、試合中の心理状態、そして試合を終えた後のそれぞれの運命。
今まで他の本や雑誌等で読んで知っていた事と異なる点が多々。
この本に書かれていることが事実に近い内容なのであろう。
猪木信者はこれを読んで冷めてしまうのだろうか?
プロレスファンは不快に思うのだろうか?
決して暴露本では無いですし、これによってプロレスの見方が変わるとも思いません。
まぁ面白い本なんでご自身でお確かめ下さい。
ちょっと高いけど・・・

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス

関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス書籍 トラックバック(1) コメント(2)
コメント
なるほど・・・

読みたくなってきました・・・
【2007/03/18 03:45】 | やのかつ #- | [edit]
>やのかつさん
ひとつのエピソードが各章の伏線となり、全ての話が絡みあっている…
お薦めします!
【2007/03/18 19:34】 | マシンガン #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/562-ed76b1a6
  • 雑誌が気になったぞ【雑誌が気になったぞ】
    1923年1月菊池寛が大きく揺れ動いた時代を背景に私財を投じて創刊した。(文藝春秋創刊の辞)月刊である。毎月1日発行、10日発売。判型はA5判。通常は448ページ。目次は折り畳み式。文芸春秋という誌名は菊池寛が『新潮』で連載していた文芸時評のタイトルから来ている。会
【2007/03/19 16:07】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。