«ブログを続けても良いですか? | 3/24 666新木場大会観戦記»

Top Page > プロレス以外の話 > 長いお別れ~ロング・グッドバイ

長いお別れ~ロング・グッドバイ

 2007-03-27
俺が『長いお別れ』という小説を読んだのは中学生の時であっただろうか?
このレイモンド・チャンドラー作の小説はアメリカの古典的ハードボイルド小説として名高い。

当時早川文庫で清水俊二訳の本が出版されていた。

背表紙は青色で分厚く、長く語られた小説であった。
女を知らない男が読むには手強かった。
大体翻訳されている小説には感情移入がしづらい。
登場人物を理解するのにも時間が掛り過ぎる。

しかし、この本にのめりこんだ。
まず導入部の書き出しから…
そうテリー・レノックスとの出会いから。

細部や粗筋はここでは書かない。
書くことによりそれが陳腐になりそうだ。

この物語では様々な小道具が登場する。
それは酒であり、煙草であり、粋な台詞であった。

この小説は何回も読み返した。
どう仕様もなく好きだったから。

先頃、この小説が村上春樹によって完訳された。
当時のそれには訳されていない部分が多々あったようだ。

その村上春樹訳の『ロング・グッドバイ』を買ってみた。
税込みで¥2000。

俺が昔読んだそれとどれだけ違うのであろうか?

この本に登場する主役たちの台詞は、俺とかあんたで語られるべきだと思うが、どうやらそうでないらしい。
私であり、固有名詞である。

そういえば映画を先に見たかも知れない。
エリオット・グールド主演のやつを。
監督はロバート・アルトマン?
この映画を見て猫を好きになったような気がする。

俺は、男が猫を好きになったらいけない事に最近気付いた…

ロング・グッドバイ ロング・グッドバイ
レイモンド・チャンドラー (2007/03/08)
早川書房
この商品の詳細を見る

長いお別れ 長いお別れ
レイモンド・チャンドラー、清水 俊二 他 (1976/04)
早川書房
この商品の詳細を見る


人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :プロレス以外の話 トラックバック(1) コメント(2)
コメント
はじめまして
私もUWAISTATIONに行ってきました。というよりも何だかんだ言っていかされているような気がしますが・・・。
前回同様ますくまんが興行の出来を決めましたね。
【2007/03/27 23:54】 | マイキー #- | [edit]
>マイキーさん
コメント有難うございます!
結構観戦被ること多そうですね。
あの駅は瀟洒でも機能的でもありませんが、何か魅力的で足が自然と運んでしまいます(笑)
【2007/03/31 00:45】 | マシンガン #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/570-a6d5c991
  • 村上春樹【ユウリのblog】
    村上春樹 村上 春樹(むらかみ はるき、1949年1月12日 - )は、日本の小説家、米文学翻訳家。概要京都府京都市生まれの兵庫県芦屋市育ち。住職の息子で国語教師でもある父と、大阪の商人の娘である母の間に生まれる。兵庫県立神戸高等学校卒業。早稲田大
【2007/03/28 03:06】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ