«やってやるって! | 7/13 上井駅大阪大会»

Top Page > 新日本プロレス > 6/17 新日本プロレス後楽園大会 2007 BEST OF THE SUPER Jr.XIV 観戦記

6/17 新日本プロレス後楽園大会 2007 BEST OF THE SUPER Jr.XIV 観戦記

 2007-06-19
新日本プロレス創立35周年TOUR Circuit 2007 BEST OF THE SUPER Jr.XIV~Power Of Mind~
6/17(日) 東京・後楽園ホール 18:30試合開始
観衆 2,005人(超満員札止め)

6時過ぎにホールの前に。
立ち見以外は全て売り切れ。
エレベーターを待つ行列に並ぶ気になれず、階段で5階へ。
混雑しているロビーを掻き分けレモンサワー。
場内に入ると過去の「BEST OF THE SUPER Jr.」の決勝の模様がモニターに映し出されていた。
館内に「スコアー」が鳴り響く。
手拍子を送る観客。
客席は既に出来上がっていた。
バルコニーや南後方にも夥しい人の影。
東側はシャッターが降りており、一部の客席が潰されTVカメラが設置されていた。
TV朝日が入ってるのだろうか?

第1試合
15分1本勝負
○飯塚高史&平澤光秀 VS 宇和野貴史×&石狩太一
(9分13秒スリーパーホールド)
石狩が果敢に攻めるも技の失敗が多い。
失敗は良いとしても何と無く軽く感じる。

第2試合
20分1本勝負
BEST OF THE SUPER Jr.ⅩⅣ ファイナルスペシャルタッグマッチ PART-1
×裕次郎&内藤哲也 VS 外道○&B×Bハルク
(9分08秒外道クラッチ)
ハルクと外道は別々に入場。
この見た目地味な面子の中で一際目立つハルク。
技のタイミングが合わないのかぎこちないシーンも見られたが、他選手に比べても決して見劣りはしない。
試合中、外道の反則技に付き合わなかったハルクは試合後に仲間割れ。
試合後ハルクに突っかかる内藤。
新日としては内藤とハルクが同格と表現したかったのか?

第3試合
20分1本勝負
長州力&山本尚史× VS ○越中詩郎&石井智宏
(8分46秒回転エビ固め)
越中、長州の入場で館内大盛り上がり。
石井が長州を攻め立てる。
越中は定番ムーブをきっちり魅せつけるも、石井を引き立てることも忘れていない。
最後のヒップに行くと見せかけての丸め込みは見事!

第4試合
30分1本勝負
スペシャルシングルマッチ
○中邑真輔 VS 天山広吉×
(14分15秒飛びつき腕十字固め)
実は一番楽しみにしてた試合。
終始どちらもヒールなんだかベビーなんだかわからない中途半端な攻撃を仕掛ける。
本間の介入も中途半端で場内のブーイングは最高潮に。
正統的プロレス攻防の後、真輔の腕十字であっさり終了。
試合時間が長い割には何も残らなかった・・・

ここで休憩。
ロビーの混雑は相変わらず。
越中だって!
越中だって! posted by (C)マシンガン

第5試合
30分1本勝負
BEST OF THE SUPER Jr.XⅣ ファイナルスペシャルタッグマッチ PART-2
獣神サンダー・ライガー&金本浩二&エル・サムライ×
   VS
稔&タイガーマスク&田口隆祐○
(14分12秒どどん→片エビ固め)
ライガーは赤いコスで登場。
仲間割れは特に無く流れるように展開。
タイガーの印象は残らず、稔も一歩引いてる感じ。
田口の魅力は十分伝わった。
前の試合を打ち消す好試合。

第6試合
30分1本勝負
7.6 IWGPヘビー級選手権試合直前・スペシャルタッグマッチ
永田裕志&中西学○ VS 真壁刀義&矢野通×
(12分19秒ヘラクレスカッター→片エビ固め)
真壁と矢野の入場、リング上のふてぶてしさは威風堂々。
場外の攻防は優しいものの、観客の目を引きつける行動は天下一品。
仕事が出来る人たちの試合だ。
着地点を含め試合後の残虐な行動を見るとG.B.Hが一枚上か?
中西だって!
中西だって! posted by (C)マシンガン

時間無制限1本勝負
BEST OF THE SUPER Jr.XIV 決勝戦
×井上亘 VS ミラノコレクションA.T.○
(19分37秒ヴィクトリア・ミラネーゼ)
戦前の予想では圧倒的に亘。
声援も亘に多し。
ミラノのセコンドにはCTUのメンバーが。
亘のセコンドには正規軍とハルク。
この辺りの構図も見ていて面白い。
ミラノはジャベを決めまくるも場内沸かず。
亘の勝ち方を確認しようとする客席。
しかし粘るミラノが二度目のヴィクトリア・ミラネーゼを決めピン。
この時の館内の熱狂振りは何とも形容しがたい。
ミラノだって!
ミラノだって! posted by (C)マシンガン

何試合かだれる事もあったが、一つの興行としては纏まっていた。
いつもより高いチケ代にも関わらず、詰め掛けた観客を十二分に熱狂させた。
プロレスとしても満足したし、エンタメの部分でも感心させられた。
今、一番充実している団体はここなんじゃないかな?

人気blogランキング
にほんブログ村 プロレス

次の観戦は「カスイチ4」ですよ~
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :新日本プロレス トラックバック(0) コメント(0)
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/656-9beeeec8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ