«今週はK-DOJOとノアを観戦します! | 新宿フェイスに来ております!»

Top Page > スポンサー広告 > 後藤達俊、無我離脱のコメント Top Page > ドラディション・無我 > 後藤達俊、無我離脱のコメント

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

後藤達俊、無我離脱のコメント

 2007-12-01
無我離脱について(Mr.バックドロップ 後藤達俊)

コメントで「無我をクビ」「筋を通していない」というご意見もありますが、自分はこの件に対し、数ヶ月前から考えておりました。
「離脱」という大きな動きをするのには、一時の怒りで決めてしまってはいけないと何度も何度も自身の心に問いかけてきました。
西村の一件を聞いたときには、驚きましたが、西村の気持ちも理解出来ました。
しかし、西村が離脱した後、自分もすぐ同じように離脱をすることは、時期尚早と考え、また、無我に残る選手達への思いもあり、暫くは無我への参戦もしていこうと思っていました。
ところが、何度かブログでも書きましたが、トーナメント戦線からの除外やヒールの禁止通告に対し、自分が無我へ説明を求めても何の回答ももらえませんでした。
やっと会社から「会って話がしたい」と連絡を貰い、自分もそのつもりで待機していましたが、担当が風邪を引いたからという理由で、会うことをキャンセルしてきました。
その後、試合や打ち合わせ取材や営業などが重なり、東京から離れたこともあり、メールや電話での短いやり取りしか出来なくなり、会社との都合がなかなか合わず、やっとまた会って話をしようということになりました。
勿論自分は話し合いを希望していましたから、そのつもりで待機していましたが、またキャンセルのメールが来ています。
そしてまた28日にも会う話が出て、やはりキャンセルされました。
筋を通し挨拶をしたくても、これでは出来ません。
そして、皆さんに誤解されるような「クビ」という形で世間に認識されてしまいました。
自分から、無我を離脱することを決意しています。
会社のスタッフにそう話しました。


無我リングでの闘いは、自分にとっても大いに勉強になりましたし、一緒にやってきた仲間達にも感謝しています。
無我リングでの自分に声援を送ってくださったファンの皆様も今まで有難うございました。


自分はこれで無我を離れますが、残る選手達には、戦場は違うけれど、これからもプロレスラーとしてお互い頑張ろうと言いたいと思います。
また、これからも一プロレスラーの後藤達俊に声援をくださるファンの皆様へは、精一杯闘ってプロレスを好きで良かったと言っていただけるよう頑張りたいと、決意を新たにしています。
これからも宜しくお願致します。


後藤選手の立場を俺に置き換えてみる。
昔から世話になってる人や同じ職場にいた知人が会社を始める。
無論協力する。
が、会社にまだ力がなくバイトとして雇われる。
その会社のバイトは月に数回しかない。
生活が苦しくなる。
他のバイトにも精を出す。
会社はあまり良い顔をしない。
が、生活のために何とかバイトを続ける。
知人が新人を連れてその会社からいなくなった。
大きい会社ではないが今より安定した仕事が出来ることになったらしい。
そりゃぁ良かった。
自分も他の会社に行ってみたいが、その前に現状を打破出来ないものだろうか?
出来ないらしい。
俺にも家族がいる。
何とか養わなきゃいけない。
申し訳ないけどこの会社でのバイトは辞めよう。
辞める前に挨拶しなきゃな。
連絡を取ってみる。
でも誰も会ってくれないや。

そんな感じかな。
あくまでも推測ですが・・・。
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :ドラディション・無我 トラックバック(0) コメント(0)
コメント














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/880-f0936492
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。