«九州プロレス、7月6日旗揚げ戦決定! | 上井さんと「串かつ乙羽屋」に行って来た!»

Top Page > スポンサー広告 > 大田区体育館が閉館 Top Page > 未分類 > 大田区体育館が閉館

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

大田区体育館が閉館

 2008-02-07
大田区体育館が改築の為、閉館するそうです。

大田区体育館閉館のお知らせ(大田区HP・施設案内:スポーツ施設) 

40年以上の間多くの皆様にご利用いただいた大田区体育館は、老朽化等による改築のため平成20年3月31日で一時閉館します。新しい体育館は、平成23年度中に開館する予定です。
  閉館までの受付業務は通常通り行います。


大田区体育館(ウィキペディア・Wikipedia)

大田区体育館(おおたくたいいくかん)は、東京都大田区東蒲田に在る体育館である。財団法人大田区体育協会が運営する。

東京オリンピックを記念して建設され、1965年4月にオープンした。築後40年以上が経過し老朽化のため2008年3月をもって一時閉館し、改築が行われることになっている。再オープンは2011年度の予定。

主な大会に、プロレスの興業が有る。1972年3月6日に開催された新日本プロレス旗揚げ興業のメインイベントであるアントニオ猪木対カール・ゴッチ戦や、1989年4月18日に行われたジャンボ鶴田対スタン・ハンセンの三冠ヘビー級王座統一戦を初めとして多くの名勝負が演じられている。


43歳の誕生日の前に閉館、改築に入るんですね。
俺はドラゴンゲートで一度行ったことがあります。外観、内装共に昭和そのものの古めかしい建物。階段、廊下とトイレは特に歴史を感じました。幼いころを想い出し郷愁にかられたような。
ヒール禁止で女性はスリッパに履き替えてましたなぁ。座席の感覚が妙に狭い。横浜文体のスタンド席に近い。建設当時の平均体型と今の人の体型は全く違いますモンね!
飲食は自販のみで酒が売っていなかった・・。
交通の便はそんなには悪くなかった。品川から遠くないですし、都内なら新木場行くのと変わらない。
最近ではドラゴンゲートが東京でのビックマッチに使用しています。全日の興行も記憶に新しいところ。
現建物のプロレス最終興行は3/20のドラゴンゲート。
都内近郊のプロレス会場で昭和を感じさせるのはここしかないでしょう!懐かしい雰囲気を感じたい方は行かれてみてはいかが?
俺は迷い中・・。

ドラゴンゲート 3月20日(木・祝) 大田区体育館 17時開始
関連記事

人気ブログランキング人気ブログランキング にほんブログ村 プロレスにほんブログ村 格闘技ブログ プロレスへ

カテゴリ :未分類 トラックバック(0) コメント(1)
コメント
大田区体育館の閉館が決まって残念です。今年度中に新しい大田区体育館が完成するので楽しみです。新しい大田区体育館は新大相撲の本場所として利用してほしいです。また新大相撲の博物館もできてほしいです。大相撲の東京場所は両国国技館です。大相撲は廃止すべきです。アナログ放送が終了したことと両国国技館節電と大相撲の不祥事が理由です。リニューアルが楽しみですね。
【2011/09/17 18:06】 | ミッキー #- | [edit]














管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://machinegun3.blog80.fc2.com/tb.php/991-0b54acc0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
最新記事
カテゴリ

月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。